グリーンランド南西部での単独探検

動画の投稿者Willem Vandoorneさんが、2016年の夏、グリーンランド南西部の遠隔地を5週間のソロハイクした記録ビデオです。

彼が旅をした距離は500km。Packrafting(パックラフティング)という、背負って持ち運びのできるインフレータブルボート(空気を入れて膨らますボート)を使いながら、9つフィヨルド、10の湖、そして2つの川を冒険したようです。

彼は、地域の環境を維持するために正確なルートを共有しないことを選択しました。(より多くの情報は彼のブログ:willemvandoorne.wordpress.comで見つけることができます)

≪グリーンランドのトレッキング・自然の楽しみ≫

先住民イヌイットの文化にふれる

グリーンランドに古くから暮らすイヌイットの人々は、今でも冬は犬ぞりを使い、アザラシ猟をしながら暮らしています。

北極圏に生きる野生動物観察のチャンスと内陸氷床ハイキング

カンゲルルスアークでは、南北2,500m、東西600kmにも及ぶグリーンランド氷床があります。初夏の季節、野花咲くツンドラの大地を走り、内陸氷床の端に位置するラッセル氷河へ。道中はジャコウウシやトナカイなどの野生動物が観察できるチャンスもあります。その後、さらに内陸氷床へと足を踏み入れ、氷の世界を楽しむことが出来ます。

短い夏にのみ訪れることができるエキップ氷河

イルリサットの北80kmに位置する壮大な氷河エキップ。巨大な氷塊が轟音と共に崩れ落ちる様子はすさまじい迫力です。クジラやアザラシなどの海洋動物が観察できるチャンスもあります。海上の氷が多くなるとエキップ氷河へのルートが閉ざされてしまうため、訪問できるのは短い夏の季節のみ。夏に西グリーランドを訪れたからには絶対に見ておきたい絶景が広がります。

ミッドナイトサン(沈まぬ太陽)と巨大な氷河群を楽しむ

6月~7月のグリーランドは1年の中で短い夏を迎え、夜はほとんど太陽が沈まない白夜が続きます。ミッドナイトサンと呼ばれる沈まぬ太陽が氷河を照らし、氷の世界をより一層神秘的な姿に見せてくれます。

出典:西遊旅行

白夜の季節、大氷河と内陸氷床、イヌイットの暮らしにふれる旅

(以下、Willem Vandoorneさんの旅の説明文です)

In summer 2016 I made a 5-week solo hiking and packrafting expedition through extremely remote areas in Southwest Greenland, roughly in the fjordlands and plateaus between the settlements of Kangerlussuaq and Maniitsoq. I made a tour of about 500km, 150km of which were packrafting sections on a total of 9 fjords, 10 lakes and 2 rivers. On the way I climbed a few mountains, likely first ascents. I had one resupply en route, in Maniitsoq after 18 days. Apart from one hunting Inuit family on the second day, I did not encounter a single soul during the entire trek. I was blessed with fantastic weather for most of the journey.

I have chosen not to share my exact route to help preserve the wild character of the area.

More information can be found on my blog: willemvandoorne.wordpress.com

Music: Hans Zimmer – Tennessee

DISCLAIMER: I have received many messages asking for more details about my trip. Without underestimating anyone’s abilities, or trying to make myself bigger than I am, I want to point out that this was the most difficult trip I have ever made. The terrain was often harsh (much harsher than it appears in this video), with relentless boulderfields, moraine, serious river fordings, peat bogs, and quicksands near glaciers close to the ice sheets. There are no trails, no huts, or any other facilities for hikers along this route, and topographic maps are virtually inexistent for much of it (I used the 1/250000 Saga maps for over half of my trajectory). Backpack weight is heavy because of the lack of resupply options, I started with about 32-33kg despite using ultralight gear – but I tend to eat a lot! To packraft the fjords, one should have a good insight in the dynamics of tidal currents, (fjord)winds, katabatic winds, and how they interact in creating waves. If you are not able to fully assess these risks, or are not mentally prepared for the difficult terrain, you won’t have a lot of fun in the first place, and may end up in dangerous situations which I don’t want to be held responsible for in any way. I only dared to attempt this trip after almost 1000 days of hiking and packrafting, quite of bit of which off-trail in remote nordic areas.

この動画の作成者:Willem Vandoorne

出典:Vimeo/ Qeqqata – a solo expedition in Southwest Greenland

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする