昼夜の寒暖差や強風に注意!知っておきたい春キャンプでの心得

キャンプ

春の気配が感じられてくると、キャンプに行きたい気持ちも高まってきます。虫もいませんし、「夏は暑いから春がキャンプに最適な時期では?」と思う方もいらっしゃると思います。確かに春は1年の内でキャンプをしやすい時期ではありますが、外での体験を心ゆくまで楽しむには準備をしっかり行う必要があります。今回は春にキャンプをするにあたって気を付けていきたい事、あった方が良い物などをご紹介します。

上着や防寒具の準備を忘れずに

晴れた春の時期はぽかぽかとした陽気で暖かく、のんびりと過ごせお花見やピクニックなどのアウトドアレジャーには最適な気候です。ただしこれが泊まりのキャンプとなると話は別。夕方になってくると昼間とはうってかわって気温が下がります。昼間暖かいからといって薄着の服しか持ってきていないと、寒さに震えて折角のキャンプを楽しめなくなってしまいますし、思わぬ体調不良にみまわれてしまうかもしれません。

春キャンプに適した格好を

春のキャンプは夜の事まで考えて衣類を準備する必要があります。冬用とまではいかないまでも、少し厚手のアウターを持っていくと安心感が違いますよ。女性の方で寒さが心配な方はカイロを持っていくと良いでしょう。また、日中の日差しの強い時は意外と汗をかきがちなので替えのインナーもあれば快適に過ごせるでしょう。

引用:Amazon

フリース生地のアウターは体の熱を閉じ込め、外気温が低くても暖かさを保ってくれます。また、着心地も良くアウターを長時間着用する機会のあるキャンプでも快適に過ごせます。春~秋まで幅広い季節で使えますので、一つ持っておきたいアイテムですね。

風が強い

キャンプを実際にし始めるとより実感しますが、春は風が強い時期でもあり、風で食器などの机の上の物が飛んでしまうなんて事もあったりします。また風向きが急に変わりやすく、タープを張るにもきちんと風の方向を見定めて設営する必要があります。

風が強い時にキャンプをするには

引用:Amazon

風の強いキャンプをする時は、設営幕をしっかり選ぶ事も大切です。風に強いテントですと、リビングスペースと天井部分が一体化しており、直接幕を地面にペグ打ちできるツールームテントを選ぶと間違いないでしょう。もしタープを張る場合は地面にしっかり刺さる鋳造ペグを使い、強風で抜けないようにすると安心です。

引用:Amazon

風の強い日でのキャンプには、鋳造ペグは多めに持っておきたいところですね。Snowpeakのソリッドステークが有名ですが、同形状で割安なタイプの鋳造ペグも販売されていますのでこちらを使うのもお勧めです。

終わりに

注意したいところもある春キャンプですが、しっかりと準備をすれば楽しいアウトドアライフが待っています。綺麗な景色の中で過ごすとっておきの体験になるでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA