自然の中で釣りを満喫!管理釣り場のトラウトフィッシングの魅力とは

自然の中で釣りを満喫する、そんなおすすめのアウトドアがあります。それは管理釣り場のトラウトフィッシング。山深い自然豊かな場所で釣り糸を垂れると、とても綺麗なトラウト(マス類)が水面を割ります。難しいことはなく手軽に挑戦できるので、ご家族やカップルで水辺に並ぶ姿も珍しくはありません。

今回はそんな魅力たっぷりな管理釣り場のトラウトフィッシングについてご紹介します。

管理釣り場ってどんな場所?

管理釣り場は河川や池を人工的に区切って、釣り堀にした場所を指します。さまざまな魚が放流されていて、とても魚影が濃いので、比較的簡単に釣ることができます。釣れる魚はトラウトがメイン。寒い時期に活性が上がるため、冬でも積極的にアタックしてきます。

充実した施設

駐車場はもちろん、レストハウスやトイレ、売店など、施設が充実している点も魅力的です。寒くなったら暖房の効いた屋内で休憩しつつ、暖かいものを食べることもできます。また、トイレが完備されているので、お子さんや女性も安心して釣りを楽しむことができます。

レンタル釣り具あり!手ぶらでもOK!

管理釣り場ではレンタル釣り具が用意されている場所も多いので、「釣りを始めたい!」という人にもおすすめです。スタッフの方に聞くと釣り方を丁寧に教えてくれます。

自然を満喫できる

釣り堀と言って侮ることなかれ。木々生い茂る自然豊かな場所も数多くあります。広大な自然の湖やダム湖を管理釣り場としている場所もあり、自然を満喫しながら有意義な時間を過ごすことができます。

釣れる魚は美味しいものばかり!

管理釣り場で最もよく釣れるのがニジマスです。食用として外国から日本に持ち込まれた背景があり、味は折り紙付き。さらに、綺麗な水の中、栄養価の高い餌が与えられているので、臭みもなく美味しくいただけます。他にもヤマメやアマゴ、イワナ、ブラウントラウトなど釣って楽しく食べて美味しい魚ばかり。キャンプ場や調理場が併設されている場所では、釣った魚をその場で食べることもできます。

まとめ

管理釣り場は全国各地に存在するので、地域問わず、どなたでも挑戦することができます。高価な釣り具は必要なく、レンタル釣り具もあります。「冬はアウトドアオフシーズンだから」と春まで待つ必要はありません。是非、足を運んでみてください。冬ならではのアウトドアを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA