【カナダ】 高山列車で訪ねる世界遺産「ロッキー山脈自然公園群-バンフ国立公園」の5つの魅力

雄大な山と美しい湖でしられるカナダの世界遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」。1984年に登録されたこの自然世界遺産はいくつかの国立公園から成っていますが、ここでは、アクセスがしやすく見所の多い「バンフ国立公園」についてその魅力を5つに分けてご紹介します。

<バンフ国立公園の5つの魅力>

  1. どこから見ても絶景「ルイース湖」
  2. トルコ石の青色「モレーン湖」
  3. カナダの森林と渓谷を歩く「ジョンストン渓谷」
  4. ゴンドラで登るサルファー山
  5. 文化的にも豊かなバンフの町
  6. アクセス
  7. まとめ

その1.どこから見ても絶景「ルイース湖」

ルイース湖はバンフ国立公園を代表する湖です。東西に細長い形をしていて、主に北側にハイキングコースが作られています。ルイース湖はどこから見ても絶景が楽しめますが、特に東西の対岸風景は息を呑むばかりです。上の写真は西側から見た風景(東側から見た風景はアイキャッチ参照)。中央にある建物は5つ星の宿泊施設「フェアモント・シャトー・レイクルイース」です。

 

その2.トルコ石の青色「モレーン湖」

モレーン湖

バンフ国立公園で人気のあるもう一つの湖「モレーン湖」は、美しいトルコ石の青色の湖水で知られています。この色は湖に流れ込む氷河が土砂を削り取り、細かく砕かれた土砂に光が当たり屈折して形成されると言われています。

湖の背後には10個の山頂のある「テンピークス」という山脈がそびえ立っています。この湖の周辺にもハイキングコースがあり、近くのテンプル山やコンソレーション湖などに歩いて行けますが、カヌーに乗って湖を一巡りするのも一案です。

 

その3.カナダの森林と渓谷を歩く「ジョンストン渓谷」

ジョンストン渓谷」は、バンフの町から25kmほど北に行った所にある渓谷です。森と川と滝のあるハイキングコースが完備されています。ハイキングコースはこの渓谷から始まって、近隣の山地を巡るコースもありますが、ちょっとしたハイキングを楽しみたいときには、「アッパーフォール」と呼ばれる滝までのコースがオススメです。距離にして片道約2.7km。

ジョンストンキャニオンの見所である滝の主なものはローアーフォールとアッパーフォールですが、その他にも写真のように名前のない、それでいて美しい滝もいくつかあり、ハイカーの目を楽しませてくれます。

 

その4.ゴンドラで登るサルファー山

バンフには「バンフゴンドラ」があり、これに乗ると「サルファー山」に登ることができます。ゴンドラ乗場は町の中心から連絡バスで行くことができます。

サルファー山の頂上にはショップやレストランがありゆっくりすることができますが、やはりハイキングを楽しみたいですね。ハイキングコースは約1kmに渡って整備されており頂上から360度の景観が楽しめます

 

その5.文化的にも豊かなバンフの町

バンフの町も国立公園の見どころの一つです。整然と作られた街の通りには宿泊施設、レストラン、土産店が並びます。雪国にふさわしい三角屋根の建物が特徴的です。

バンフの町は決して大きくありませんが、博物館と名の付く建物が3つ、史跡が2つ、劇場が2つあります。自然国立公園でありながら文化的にも高いものを提供しているバンフの街をぜひ堪能してください。

 

アクセス

©Rocky Maintaineer

ロッキーマウンテニア列車で行く方法

ロッキーマウンテニアはカナディアンロッキー山脈を走る高山列車です。バンクーバーから出発してバンフ国立公園やジャスパー国立公園まで列車の旅を楽しむことができます。

©Rocky Maintaineer

この列車を利用すると2日かかるのですが、通過するときの景色を心行くまで見られるよう車内泊をしないで途中カムループのホテルで1泊します。時間が充分取れるときにぜひ利用したいアクセス方法です。列車の座席のタイプやルート、また目的地でのツアー参加の有無により様々なパッケージが用意されています。

ロッキー・マウンテニア公式サイト

飛行機とバスで行く方法

時間があまりとれない時は飛行機とバスを使って行く方法がおすすめです。まず日本からバンクーバーに飛び、そこで国内線に乗り換えてカルガリーまで移動します。カルガリーからはバンフ行きのバスが出ています。バスの所要時間は約2時間。

バンフ・エアーポータル公式サイト (日本語あり)

まとめ

雄大な山々と美しい水を湛えた湖、その周りを囲む針葉樹の森、そしてその中によく整備されたハイキングコース。カナダの世界遺産ロッキー山脈自然公園群の中心地バンフ国立公園は訪れる人を魅了してやみません。

文・写真/Setsuko Truong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA