【神奈川】 厳冬期、霧氷輝く丹沢主脈を日帰り縦走! 雪山デビューにもおすすめルート!

丹沢山 9:16 →  14:31 焼山  → 17:13 宮ケ瀬バス停

さ~~丹沢最高峰蛭ヶ岳(ひるがたけ)へ進みたいと思います!
更に積雪がモッコリになり、あえぐ声にも力が入ります(?)

う~~~雪が多くて中々進みませぬ・・・。
あえぎ声すら出なくなってきました・・・。

こんな景色を見せられてしまった日には、テンションも上がってしまいます!

鬼ヶ岩前後の稜線は、痩せている箇所がありますので、滑落に要注意です。

モリモリ登っていくと、丹沢山塊最高峰の蛭ヶ岳に到着です!
貸し切りの山頂を思う存分堪能しちゃいました♪

絵になる「蛭ヶ岳山荘」です!
夜景がとても綺麗ですので、
山荘に1泊して「勝負の日」に使ってみるのも良いかも知れません。
きっと、願が叶うかと思われます!
ここで駄目なら諦めましょう!(?)

よ~やく姫次でございます!
蛭ヶ岳の山頂から先も積雪が凄く大変難儀致しました(>_<)

そんな感じで丹沢主脈縦走路最後のピークである「焼山」です!
ここまでの行程も、涙なくては語れない、ツボ足三昧の時間でした・・・。

焼山登山口バス停についたものの、折角なので宮ヶ瀬バス停まで歩いてみました。
寒々しい景色ですが、宮ヶ瀬湖も綺麗な湖ですよね~

登り慣れたお山でも、積雪期になるとまた違った景色を見せてくれますよね!
低山とは言え、この時期は雪山装備が必要ですが、丹沢山塊は都心からもアクセスの良いお山ですので、天気が良い日を狙って登ってみて下さい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA