白馬三山縦走 trekking・camp

2016/11/11 にpom .giisanさんが投稿した動画です。

白馬三山(しろうまさんざん)とは、富山県と長野県にまたがる3つの山、白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の総称。

こちらの白馬大雪渓遊歩道は、全長3.5km、標高差600m、日本一のスケールを誇るトレイルとされています。

(以下、白馬村観光局HPより引用)

夏でも雪渓の上は、まるで天然の冷蔵庫のように涼しく、暑さを忘れる心地よい涼風が吹き渡ってきます。

登山口の猿倉から大雪渓までの白馬大雪渓遊歩道はキヌガサソウ・サンカヨウ・シラネアオイ・ニリンソウなどの花々や

緑豊かなブナやトチの木、雪どけ水の流れる澄んだ沢の水、

眼の前にそびえ立つ白馬岳や小蓮華山へと続く稜線が目を楽しませてくれる夏におすすめのトレッキングルート。

猿倉から徒歩約1時間30分で大雪渓に到着します。

※大雪渓ケルンから上部は登山ルートとなるため本格的な登山装備が必要です。

※近年、白馬大雪渓では自然崩落による落石事故が発生しております。雪渓上では濃霧時の視界不良による道迷いや、滑落・落石も予想されますので特にご注意ください。

白馬村観光局

この動画の作成者:pom .giisan
Youtubeチャンネル

出典:Youtube/白馬三山縦走 trekking・camp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする