長沼商史『ヌーのどうしょうもヌー』 #05 アメリカ・ウインドリバー釣歩 その①

どうも、どうってことヌーです。
ヌんくるヌいさ
うっせ!

ということでね
トレイルを歩いてた時の話しを書い欲しいって話しになったのですが それはほぼほぼ「釣歩日記」に書いてあって…
じゃあ、「釣歩日記」の元になったブログを引用しつつ、書いてみようか
つー事になったのでありんす。
おいらは花魁、もういらんっ♪
うん、もういらないよね長い前置きww

つーことでね
アメリカのPCTは沢山他の人の発信あるから、俺の大好きなワイオミング州のウインドリバーレンジの所をまずはどーぞ。
そのうちニュージーランド編になる可能性もなきしにもあらずんばヌー。

ワイオミング州のウインドリバー

ウインドリバーは向こうでは略してWindsウインズなんて呼ばれている。
コンチネンタルディバイドトレイルの一部でもあり、一番高い山は4207mかな、3900m前後の山もそびえ立ち、CDTのハイライトのひとつだともささやかれてる。
氷河はあるし、湖沢山。北側は一部グリズリーの生息するエリア。
と俺の少ない知識を吐き出してみる。

俺的にこの山域の魅力は、人が少ない、水が豊富、カットスロートトラウトがいる、自由を感じる、そんな所。
ZEROデイ(歩かない日)を含めて9日ふらついてたのかな、一週間山を遊んだ。ここはもう一度行きたい所なんだ、まじ。アクセス大変だけど数ヶ月休むor仕事辞める、なんてことしなくても楽しめるし、景色はいいし、魚は釣れるし、俺的にはJMTより少しだけ好き、少しだけ上。

そんなウインズのお話を、では。(次のページへ)

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする