長沼商史『ヌーのどうしょうもヌー』 #06 アメリカ・ウインドリバー釣歩 その②

Dubois(ドゥボイスまたはドゥボア) からPinedale(パインデール)まで

ドゥボイスから歩くなら、前回乗ったバスがジャクソンからリバートンへも行く、そして戻る。リバートンへはデンバーから飛行機が出てるのでそっちもありかな。

モーテルを10時に出てヒッチハイク開始。15分ほどで元AT(アパラチアン・トレイル)ハイカーが拾ってくれる、マッシュルームハンティングの帰りとか。
乾燥して売るんだって、高く売れるらしい。
そんで、ユニオンパスへの林道の入り口まで乗せてもらう。
いつもいつもありがとう、皆さん。
m(_ _)m

すぐに車が来たので親指を立てる。
なんと!止まってくれる!
「ストレッチ」ってハイカーを乗せた車。
彼の友達がストレッチをトレイルまで乗せている。
「乗ってけっ」て! またまたありがとうございます。
スゴい流れだわo(^▽^)o

ストレッチもウインドリバーを南下すると言うので、一緒に歩き始める。
彼は身長195cm、彼の一歩は俺の二歩。速い(>。<)
俺が1日30mi(48km)以上歩くときの速さだわ・・・

途中、小雨。子連れメスムースとの出会いなどある。
進行方向に山火事発見、まだ規模は小さい。
広がる前に越えてしまえ!と2人は休まずに歩く。
目的地のグリーンリバーレイクに6時過ぎに到着。

昼から歩いて17mi✕1.6=27.2km←mi(マイルに統一します、アメリカだから)
歩き過ぎだよ(゚Д゚)
飯食って、食料吊して(熊予防)

釣りをする。
グリーンリバーレイクという名前の通り水が緑。
道端に釣り糸くず…またか…拾っておく。
デンバーのREI(大型アウトドアショップ)の前の捨てられたらタバコ群、
釣り場の糸くず、この人達に自然の中で遊ぶ資格はあるのだろうか?
と言うことで、そんなチャラい奴らが簡単に来れるような所は、釣れない(ToT)
飯食ってる間に釣り人居たしな…魚にプレッシャーかかってる(ToT)
諦めて寝る。
初日はいつも疲れる、食料沢山だしね。

翌朝、朝飯とコーヒータイムをストレッチと過ごし、歩き始める。
抜きつ抜かれつ3時頃まで。
そして俺は湖の多いトレイルを、ストレッチはCDTのルートを、と別れる。
「デンバー来たらうちに泊まれよっ!」って連絡先くれる。
出会いって素晴らしいo(^▽^)o
いい旅を!お互い気をつけていこうねって俺の親父より少しだけ若い人に対してね…
別れてからアップダウンが
パねー。
そのかわり景色もパねー。

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする