長沼商史『ヌーのどうしょうもヌー』 #07 アメリカ・ウインドリバー釣歩 その③

Pinedale(パインデール) からlander(ランダー)へ 前半

パインデールで休息、釣り道具の一部を日本へ送り軽量化。
二日間休んで街をぶらついたり、ミュージアム行ったりしたけどなるべく歩かないように休息というか、休足。

急に歩きすぎて痛くなった左膝の痛みは治らず・・・。
そのままスタート。
パインデールのアウトドア屋さんで、ウインドリバーの釣りとオフトレイルについチョー聞きまくる。だって、俺が行こうとしているオフトレイルに近いルートを先週歩いたという人が居たもんで(^^)
そして、その店でピンっときたフライを購入!バッタ!モチのロン黄色!
これバスドライバーさんのアドバイス!
郷に入れば郷な感じ、ローカル最強説(-.-)y-~~
うんでね、ここのアウトドア屋シャトルサービスしててトレイルまで乗っけてくれる。
$35と、ちと高いけど色々教えてくれたから利用させてもらう。
さらーに、運転してくれた人も釣り人、地図にいい場所チェックしてもらう!!
チップ渡しました、もちろん。
情報も釣りの一部。

トレイル復帰!!
スパイダーレイクという湖、トレイルから離れた所を目指す。
トレイルの無い場所を自由に歩く。
湖から少し歩き、明日越えようとするエンジェルパスの下にキャンプ。

下から見上げると「急」だわ、俺超えられるかなー?と不安。

寝る。

熊サンこないでねm(_ _)m
ここの所、夜寝付きが悪い。
町で買ったFire Ball って言うシナモンウイスキーを少し飲む。
結局毎晩2口ずつだけ飲む事になる。
この夜、しょんべんしたくて夜中に起きて空を見る。
はんぱねー夜空!!ちょうど明日越えるパスに向かって流れ星が!
「大丈夫だよ、そんなにやばくないよ安心しな」って言ってるかのように。
星の数が半端ない、空から夜の東京を見るより凄そう。

次の日。
朝ゆっくりとスタート、9時。
思ったより平気だった。
確かに道のない岩だらけの急斜面、危ない所もあったけどルートを選べば大丈夫。
無事コンチネンタル・ディバイドに立つ。
誰もいない。

人の匂いが薄い。
気持ちがいい!

そして反対側へ。

(次のページへ)

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする