<動画>斉藤正史さん『ロングトレイルを歩く魅力」を語る ~アパラチアン・トレイル体験談~

7月21日、アルパインツアーサービス株式会社(東京本社)で行われた、斉藤正史さんのトークイベントより、アメリカ3大トレイルのひとつである『アパラチアン・トレイル(約3,500km)』の体験談です。

日本人で2人目のトリプルクラウナー(アメリカ3大トレイル踏破)である斉藤は、アパラチアン・トレイルを2005年に歩きました。

アパラチアン・トレイル

APPLACHIAN TRAILは多くのHIKERからその頭文字をとり「AT」と呼ばれています。 ジョージア州スプリンガーマウンテン(左図下)から、メイン州マウントカタディンまで(左図上)の、総延長約3,500km(約2,000MILES)に及ぶロングトレイルです。

ジョージア州からメイン州まで、14に及ぶ州を徒歩にて歩くという過酷な行程ながら、沿線の町の人々の暖かい応援や充実したサポート体制そして、素晴らしき景色と出会いに満ち溢れたトレイルです。

「AT」のコース上には、南北戦争の碑があったり、東部に3つある国立公園の内2つを通過したり、アメリカの開拓史歴史的な側面や自然に対する取り組みなどを垣間見る事ができる、アメリカで最も人気のあるトレイルです。

現在では、1年にATを訪れるハイカーは300万人以上とも言われ、雨が多く、コースは常にスイッチバックをせず山々の頂をストレートレートに通過させることから、多くのハイカーに3大トレイルで最も辛い道として知られています。

https://youtu.be/E44BEXJqqbI

国内海外問わずトレッキングはしっかりとした情報収集と準備が必要です。このようなセミナーに参加したり、経験者に話を聞くこと、また慣れていない方はツアーもありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

※今回イベントを企画されたアルパインツアーサービス株式会社でもさまざまなツアーが企画・行われております。

またトークイベント後半は、斉藤さんの実際の経験談も収録しております。

近日公開予定ですのでどうぞお楽しみに。

斉藤正史さん プロフィール

1973年生 山形県上山市在住
NPO法人山形ロングトレイル 理事
平成29年度村山地区YYボランティア活動アドバイザー
ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/

2012年よりプロハイカーとして活動。現在、トレイルカルチャー普及のため、海外のトレイルを歩きながらレポートをする傍ら、地元山形にトレイルのコースを作る活動を行なっている。

<踏破実績>
2005年アパラチアン・トレイル(U.S 約3,500km)
2012年パシフィック・クレスト・トレイル (U.S 約4,260km)
2013年コンチネンタル・ディバイド・トレイル(U.S 約4,300km)
2014-2015年テアラロア(NZ 約3,000km)
2015年 ジョンミューア・トレイル(U.S 約340km)
2016年 インターナショナル・アパラチアン・トレイル (CANADA/U.S 約1,200km)

※2013年アメリカ3大トレイル踏破者に与えられるトリプルクラウナーとなる。

代表作
ロングトレイルハイキング DVD(日本コロムビア)
LONG TRAIL HIKING (ユーフォリアファクトリー ) 監修

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする