いよいよ終盤!Walpoleから最後の補給地Denmarkへ 西豪1,000km/ビバルマントラック レポート④

西オーストラリア、まだ見ぬ手つかずの大自然が残るにある1,000kmのロングトレイル・ビバルマントラック(ビバルマン=先住民アボリジニの部族の名前)。日本人には馴染みの無い異国のトレイルを、プロハイカー・斉藤正史さんの旅行記でご紹介します。旅もいよいよ終盤、しかし今回は異常気象による雨が多く、非常にしんどいトレイルになりました。

10月6日 西オーストラリア・walpoleの街に到着

もしかしたら、今回泊まるホステルで最高かも(^O^)
ドミトリーなのに、個室だし、Wi-Fi早いし(^O^)部屋でWi-Fi繋がる便利さ(笑)

コーヒーも紅茶も、庭になっているレモンもフリー。
蜂蜜漬けにして、トレイルへ持っていきます(笑)
明日はゼロデイ。
ゆっくり足をいたわります!

お昼は、醤油お好み焼き。

夜は、チキンウィングの炊き込みご飯に、チキンカレー日本風とキャベツと胡麻油に塩昆布。

フリーの調味料がそろっているホステルは、ハイカーに優しい(笑)

今回は、奮発してチーズケーキを(笑)

って、トレイルオフは、料理が楽しみだったりします(^O^)

 

10月7日 友人との別れ

寂しさは、賑やかだった昨日から連泊しているのが、僕だけだからというのもある。
インド洋の海岸線にトレイルが変わり始めている事は、旅の終わりも近づく事を意味する。

今朝、ロイが足を痛めてパースに帰った。2週間ほど一緒だった寂しさもある。何かが終わる時、きっといつもこんな感じだと思う。明日出発すると、順調に行けば5日後最後の補給地、デンマークに着く。結局、いまだに寒い。防寒着が欲しい程寒いのに、ビーチ歩きが始まる。
しかも、今日から5日は雨が降るそうだ。

 

2014年から使い続けた、フォックスファイヤーさんのトレッキングポール。延べ3年・5千キロ以上。一番下の連結部分が外れてしまっておりたためませんでした。


しかしホステルのスタッフの方が、うまく外れた連結部分を外してくれ、クリーニングしてセメントしてくれました。明日の朝までには乾くと思います。
丁寧に、直してくれたホステルのリチャードに感謝です!
しかし、大きな故障もなく3年・5千キロ以上の過酷な旅に耐えてくれた、トレッキングポールに感謝です。残り200キロ、宜しくお願いしますね!

リチャードに貰ったラム肉で豪華なステーキです(^O^)

 

10月8日 デンマークの街へ向けて出発!も雨に悩む日々

やっぱり雨。メチャメチャ寒い。。。
フリース欲しいな(泣)
明日からは、森ともお別れで、沿岸部歩きです。もっと寒いのかな。。。。。

 

10月9日、今日は疲れた。カヌーで川渡るし、カヌー無いし(笑)
渡れずに待っているおじさんいるし(笑)
全て上手くいき、渡れずにいたオジサンとキャンプ(笑)

 

https://youtu.be/YEX6o8swJBg

10月10日、雨、しかも暴風雨。寒い寒い、温かいダウンが欲しい。フリースが欲しい。雨が入って来ない壁が欲しい…

 

10月11日。しかし、毎日雨。
1ヶ月で25日も雨。しかも、凍える寒さ。
雨も寒さも、もうたくさんです。

https://youtu.be/2d1pp-cSvRE

明日、最後の補給の町、デンマークに着く予定です!

 

 

10月12日 最後の補給地、デンマークに到着も・・・

デンマークに着きました!が・・・

https://www.youtube.com/watch?v=6PwbO35AHVU&feature=youtu.be

実は、デンマークから先は、道がありません。いきなり半島になります。
ボートで渡るか、タクシー使うか、ヒッチハイクしか手段はありません。

どうも、デンマークで終わった感があり、気がのりません。
現実に道はここで終わってましたから。
エクストラロード感がしてなりませんね。

たまたま、ホステル近くにきたタクシーの人にトレイルヘッドまでの料金を聞くと55ドル。船は150ドル以上。ヒッチハイクだと、うまくいかないと1日道路歩きも含め、1日多く費やす事になる確率90%なくらい難しいエリアです。

果たして、どうなるやら…(泣)

 

(次のレポートに続く)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA