アメリカのロングトレイルでハイカーが食べるものとは?(前編) ~ 河西 祐史の行動食 ~

 

■実際に手に入る食品でハイカーが持ち運ぶものとは?

アメリカ西海岸のロングトレイル『パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)』。

その沿線にあるコミュニティーセンターには、街で唯一のコンビニが閉店してしまって以来、ハイカーのためにミニショップが置かれています。

つまりココにあるものが、アメリカのハイカーが買いそうなモノと言っても過言ではありません。

そこで売られている食べ物は、ざっと以下の通り。

(ビーフジャーキー、ツナ、コーヒー、紅茶、ナッツ類、マック&チーズ、オートミール、パスタサイズ、ピーナツバター、リッツ、オレオ、ポテトチップス、スニッカーズ)

スルーハイクでは、普通のパンはつぶれてしまうため、パンの代わりとしてトルティーヤを食べる。トルティーヤは日本ではソフトなタコスの皮として知られていますが、ハイカーはピーナツバターをつけたりして(う~ん・・・)。

個人的には、サマーソーセージとブロックのチーズを切り、トルティーヤで巻いて食べる。

個人的には、コレはかなり贅沢な食べ方^ ^

ソーセージとチーズは、こんな小分けされたものの方が便利です。

ハイカーが持つ三大ソーセージは、サマー・ペパロニ・セサミです!

間違ってもソーセージは生じゃない(調理済み)のを持たなくてはいけません。

自分は色々試そうと、知らないソーセージを買ったらそれが未調理で・・・、

バックパックの中で発酵しフットボールみたいに膨れたことがあります。

トルティーヤばかりだと飽きるので、つぶれないパンとしてベーグルを持つことも。

クリームチーズをつけられれば最高のご馳走!

(後編に続きます!)

アメリカのロングトレイルでハイカーが食べるものとは(後編) ~ 河西 祐史の行動食 ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA