【長野県】紅葉シーズン 雨飾高原キャンプ場でテント泊~雨飾山登山へ(登山ガイド松岡レポ)

10月8日、お客様から「紅葉が綺麗な場所でテントで泊まってみたい。」というリクエストをいただき、登山前日に長野県北安曇郡小谷村の雨飾高原キャンプ場でテント泊のガイドに行ってまいりました。

雨飾高原キャンプ場は安曇野ICから車で100分。日本百名山の一つ、雨飾山のふもとにあります。駐車場の目の前がテン場なので、調理器具や食材もキャンプ感覚でよく、フラットな芝で設営もしやすいので、テントデビューには最適です!

テント設営・撤収の際のコツ

◆強風時の設営、撤収を想定したペグを打つ順序

・・・設営はフレームを通す前にペグを打つ。撤収はペグを残しておく

◆フレームを折りたたむ順番

・・・中のゴムが伸びないように真ん中から折る

◆テントのたたみ方

・・・接地面を内側にすると服に泥がつきにくい

今回は10月とは思えないほどの陽気で夜も温かく、3シーズンのシュラフでも暑いほどでした。そして翌朝も温かく、朝食を済ませた後は、テントの撤収の際のコツなどを説明しながらの準備で7時登山開始! 登山道は一昨日の雨の影響も大きく、ドロドロで滑りやすかったです。

紅葉はピークより若干早めでしたが、大変美しく、お客様も大満足の二日間でした。
長い行程で、途中に山小屋も無いので、早めの出発、十分な装備、食料でお出かけください。

雨飾山をガイドした際の大まかなコースタイム

雨飾高原キャンプ場からのピストン、トータル45分くらいの休憩込みで約7時間半。
(一般的なツアーと比較すると早めです。)

雨飾山の具体的な見所

急登を登った先にある、荒菅沢から見上げる雨飾山の色づいた姿が最大の魅力かと
思います。あとは山頂からの眺望でしょうか。白馬岳が大きく見えます。

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする