【岐阜県】北アルプス笠ヶ岳 3000m級の山々を眺める、とにかく美しい稜線歩き(後編)

北アルプス南部に位置する日本百名山の1つで、岐阜県最高峰の山・笠ヶ岳
2つある登山口の1つ、新穂高温泉からスタートして、
約7時間半で笠ヶ岳山荘に到着! いよいよ笠ヶ岳山頂へと登ります。

山荘から見るテン場。この時間でもこの張り数です。
8月末の土日で快晴、人気の北アルプスなのに少ないのは
やっぱり笠新道がネックだからでしょうか。笑

さぁ、ここから笠ヶ岳山頂を目指しますよ!

山頂まではガレ場と岩場。

振り返ると歩いてきた稜線と槍ヶ岳。
もちろん笠ヶ岳山荘も見えます。

頂への最後の稜線歩き。
山頂はもうすぐそこ!

笠ヶ岳(2897m)登頂です!

歩いてきた稜線もバッチリ見えます。
右下にちっちゃくテン場も見えてます。

槍ヶ岳~穂高連峰もくっきり!
こうやって見ると大キレットってめっちゃえぐれてるなぁ。笑

実はこの日、24時間テレビでイモトアヤコさんが槍ヶ岳にチャレンジしていました。
ピークを取ったのは次の日だったみたいですが、大賑わいだっただろうなぁ。

風は穏やかで日差しも心地よくて、割と長いこと山頂でのんびりとしていました。
目の前には槍穂、歩いてきた稜線、双六岳方面に広がる北アルプスの山々、
360°の絶景にずっと感動しっぱなしでした。

まぁ、腹ペコには敵わないのでテン場に戻ります。笑

(次のページへ)

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする