ついに今週末「山の恵みの映画たち2019」が開催! 上映作品『早池峰の腑』をチェック

山形ドキュメンタリー映画祭のプレイベントとして、「やまがたの山語り 山の恵みの映画たち2019」がいよいよ今週末、3月15日、16日、17日の3日間、山形で開催されます。そこで今回は、山形国際ドキュメンタリー映画祭
プロジェクト・マネージャーの高橋卓也さんに『早池峰の腑』をご紹介頂きました。

岩手県の霊峰「早池峰山」の美しい風景と、そこにつたわる山伏神楽の物語

『早池峰の腑』

監督:羽田澄子/1982/186分
○上映日時 2019年3月15日(金)13:00~16:08

あまりにも美しい雪山の姿からこの映画は始まります。岩手県北上山地の霊峰「早池峰山」には古くから山岳信仰が存在し、その麓の村落には中世から続く山伏神楽が伝えられています。 映画は、雅でありながら素朴さをも併せ持つこの神楽を継承している人々の生活や言葉を丁寧に記録しながら、そしてそれを見守るように聳え包み込む早池峰山の四季折々の姿を捉えてゆきます。山の姿はまさに生き物。日本を代表するドキュメンタリー映画作家 羽田澄子の代表作でもあるこの作品、3時間6分という時間に身を委ねていると、この地域の人々が何世代にも渡り、山があるから自分たちがいるというリアルな歴史意識が静かに強く伝わってきます。

暮らしも心も山に見守られて生きてきたという幸福。そして、この作品は、霊峰の山懐で守り伝えられてきた神楽の魅力を存分に映し出します。数々の演目を持つ神楽の衣装や物語や激しくも雅な舞いに込められた人間の思いと技が、山村の暮らしや綿々たる営みの中で磨かれ、一瞬、「祭り」として爆破するとき、村人の体も心も燃え、遠くからも多くの人を集つめ、奥深い山の村は別の輝きを放ちます。日々訓練を続け、短い夏に神楽を舞い、村人が総出で支える祭り。まさに神楽は、ここで生きてゆく証しなのでしょう。

人は生きて死に、世代が変わる。しかし、山が生き続けるように、人は神楽を何世代にも渡って伝え続けるのです。山と生きる、神楽と生きる。そして明日も生き続けるようにと。

この機会に、この作品をじっくりと味わってください。

 

「やまがたの山語り 山の恵みの映画たち2019」 のテーマ

1989年から隔年で山形市内で開催されている「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。「山の恵みの映画たち」はそのプレイベントとしてこれまで2014、2016と2回の開催(特集上映とトーク)が行われました。東北や北陸をはじめ、関東や関西からも多くの参加者が集まり、「自然と人間の関わりをあらためて知る、見つめる」という思いを共有できる素敵なイベントです。

そして第3回目となる今回は、山とつながる川や海からの視点を取り入れた作品をラインナップ。自然の循環、暮らし、芸能、伝承、冒険、戦さ、環境汚染、縄文、発見、喪失、再生、生きてゆくこと、そして・・・まさに森羅万象への旅に誘うプログラム。是非この機会に山形まで出かけてみてはいかがでしょうか。

 

YIDFF 2019 プレ・イベント やまがたの山語り 山の恵みの映画たち 2019 の情報はコチラ

記事協力: 山形ドキュメンタリー映画祭プロジェクト・マネージャー 高橋 卓也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA