山梨県南都留郡 針葉樹の森で健康と美容を獲得する冬の女子旅「冬の森グランピングリトリート」

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」にて、2017年12月1日~2018年3月15日の期間限定で、今年も「冬の森グランピングリトリート」プランが開催されます。「冬の森」は一見すると暗く寂しい印象を受けますが、実は適度な湿気を蓄えた、女性がリラックスするには最適な環境です。そんな冬の森でアクティブな時間を過ごしてみませんか?

心の底からリラックスしたプログラムを

「冬の森」と聞くと、一般的には暗く寂しい印象を持たれるかもしれません。ところが、実際に足を踏み入れると、静かで暖かくとてもリラックスできる環境であることがわかります。針葉樹林には「フィトンチッド」と呼ばれる科学的にリラックス効果のある成分の存在も報告されています。そこで、日々の忙しい生活に疲れ気味の女性や、日頃から美容意識の高い女性たちが、都会の喧騒から逃れ(=リトリートし)、冬の森の中で心の底からリラックスできるようなプログラムを提案したいという想いから、当プログラムは開発されたそうです。星のや富士がグランピングリゾートであることを活かし、「自然の中で自ら体を動かす」方 法も取り入れた内容に。昨冬も実施し好評だったため、今年も開催することになったそうです。

POINT1.冬の森は女性を美しくする

冬の森を主に構成する針葉樹林には、人の自律神経を安定させリラックスへ導く「フィトンチッド」と呼ばれる成分が含まれています。また、森は木々に囲まれ紫外線が弱まることも女性には嬉しいことですが、なかでも冬の森は、平地が乾燥しがちなのに対し、湿度が守られ気温も暖かいことから、女性が美しさを養うのに適した環境と言えます。熊や猪など野生動物も少なくなるため夏よりも安心して散策できるのも利点です。

星のや富士が建つエリアを含め、富士山麓の森は標高が高く針葉樹林が多いため、冬も葉が落ちず、その恩恵を充分に受けることができます。自然の植物に囲まれる機会が少なくなりがちな冬こそ、意識的に森の中に入り、時間を過ごすことをおすすめです。

POINT2.トレッキングでアクティブレスト

 

メインとなるプログラムは、富士山麓でのトレッキング。星のや富士から車で約30分の山中湖方面へ移動し、約2.5時間かけて標高約1300mの「立山(たちやま)展望台」を目指します。専属のガイドが案内をし、ペース配分をしながら行うので、山歩きに慣れない方でも心地よい疲労感を感じる程度の運動です。シラビソ(日本固有の針葉樹、マツ科モミ属)の葉を摘んでエアーフレッシュナー作る、といった楽しい要素も盛り込んでいます。展望台では、みずから薪を集め火を起こし体を温めます。ヘルシーな鹿肉スープと雑穀パンのブランチを食べ休憩をしたら、元の道を約1.5時間かけて下山します。雪が残る場合はスノーシューを使用す ることもあります。

POINT3. 蜜蝋ハンドクリーム作りとハーブサウナでリラックス

星のや富士に戻ったら、夕方はスタッフのレクチャーのもと、お部屋で蜜蝋のハンドクリーム作りを行います。蜜蝋とは、蜂が巣作りの時に作り出す自然生まれのワックスのことです。その蜜蝋と富士北麓で採れたラベンダーなどのエッセンシャルオイルを合わせ、オリジナルのハンドクリームを作ります。お休み前にはお部屋の浴室をシラカバやラベンダーの香りで満たしたハーブサウナにしつらえます。アクティブレストのあとの静かな手仕事と森がもたらす香りが、心地よいリラックスを誘い、心身を落ち着けます。

概要

■期間:2017121日~2018315

■料金:28,000円/1(税・サービス料10%別、宿泊代別)

■定員:112

■対象:満13歳以上の宿泊者

■予約:要

■含まれるもの:富士山麓のトレッキング体験・ハンドクリーム作り・ハーブサウナ

■持ち物/服装:動きやすく暖かい服装とシューズ(トレッキングシューズの無料レンタルあり)

*悪天候の場合は、内容を一部変更したり、中止の場合があります。

■詳細:http://hoshinoyafuji.com/#/activity/006976

星のや富士

2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート。河口湖を望む広大な森に、自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビン。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事と共に大自然を楽しみつくす「丘陵のグランピング」です。

〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408/客室数 40室

富士山麓に佇む日本初のグランピングリゾート、星のや富士。東京から2時間、河口湖畔で心地よく自然を堪能するキャンプをグラマラスに。ご予約は当サイトが最もお得です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする