北欧のプレミアムルーフボックスが7月日本上陸!

最高の品質、洗練されたデザイン、高機能ルーフボックス “PACKLINE”

株式会社エクシズルラインから、PACKLINE(パックライン)ルーフボックスが2017年7月から順次発売されます。

”PACKLINE”はノルウェーのドランメンを拠点とするルーフボックスメーカーです。
1982年に世界発のFRP製ルーフボックスを開発したメーカーとして高品質、デザイン性、容量、安全性能、環境性能を追求し、ハイエンドルーフボックスブランドとして、ヨーロッパ各国の自動車メーカーでアフターパーツとして採用されるルーフボックスブランドです。

公式ウェブサイト:https://www.packline-roofbox.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/PacklineJpaan/
公式Instagram:https://www.instagram.com/packlinejapan/

PACKLINE スマート・エレガント・セーフティ
PACKLINEはルーフボックス専門のメーカーです。常に頑丈で使い勝手の良いルーフボックスを生産するため、細心の注意を払いつつ、革新的な研究開発とデザインを行っています。
PACKLINEにはFXシリーズ、Fシリーズ、NXシリーズの3つのシリーズがあります。ルーフボックスにはFRP製とABSプラスチック製の2タイプがあり、PACKLINEルーフボックスはいかなる車のデザインと形状に完全にマッチするようデザインされています。そして、収納力に優れたルーフボックスとその色を融合させることでドライバーが求める理想的なルーフボックスが簡単に見つかるでしょう。

空力性能
すべてのPACKLINEルーフボックスは最適な空力性能のために設計されています。車の曲線と形状に合わせてルーフボックスは前方に向かって下がっています。これは高速走行時に空気抵抗を減らして、燃費を抑える環境に優しいデザインです。

ユニバーサルボックス・トンネルボックス
“ユニバーサルボックス”タイプは、一般的なルーフボックスと同様ほとんどの車とルーフラックに取り付けることが可能です。対照的に、FXシリーズのFX170、FX210、FX222は“トンネルタイプボックス”タイプとなり、テーラーメイドモデルとして個々の車とルーフラックに適合するようカスタマイズされます。このタイプは確実で最適なポジショ二ングと、できる限り低い位置に装着できます。ルーフボックスの底部ではなく、ボックスの中にラックを通すことによってより確実に装着され、更に安定して振動と騒音を軽減します。

安全環境
安全はルーフボックスを開発する上で最重要課題です。そのためPACKLINEルーフボックスは“City Crash Test” 基準によって検査され承認されています。
北欧の人々は純粋に自然とアウトドアを大切にします。そのため環境に与える影響を最小限にする、もしくはゼロにすることは非常に大切なことです。
PACKLINEのABS樹脂ルーフボックスは99%リサイクルできるエコフレンドリーな素材で生産され、環境への影響をできる限りなくしています。更に、ルーフボックスの空力性能を最適化することで、空気抵抗が非常に低くなり、燃費消費量が最小限に抑えられます。

ABSプラスチック製とFRP

  • ABSプラスチック製は軽くて非常に丈夫な99%リサイクル可能な素材です。その寸法安定性は気温変化や湿度の状況でも優れた性能を発揮して、更に粗石などによる衝撃からも守ります。ABS樹脂ルーフボックスは高光沢アクリルコーコーティングで処理され素晴らしい仕上がりです。ABS樹脂ルーフボックスは、すべて5年間の保証があります。
  • FRP製のPACKLINEルーフボックスは強化ポリエステルを使用しているため、非常に丈夫で耐久性に優れています。空気力学的な設計と一体化されたファイバーグラスによるきれいな表面は、振動と風切り音を最小限に抑制します。高度に研磨された表面は、滑らかでプレミアムな仕上がりを与えています。PACKLINEファイバーグラスルーフボックスは、10年間の保証があります。

ABS樹脂製ルーフボックス

FRP製ルーフボックス

3つのフィッティングソリューション
安定して安全なルーフボックスのアタッチメントは、安全な旅行のキーポイントです。
そのためシンプルで簡単に使える3種類の方法を開発しました。
iZi2Fit、BoxKit、iZi2Connectのいずれかを選ぶことによって、すべての車とルーフボックスに最適な組み合わせ見つけ出すことができます。

ツインシート 優れた強度と安定性
ツインシートはNXシリーズに採用されるPACKLINE独自の製造方法で結果的にとても強く、変形しない形状でかつてない美しい形に加工できます。
それによって新世代の空気力学的なルーフボックスのデザインが誕生しました。

  • 沸点に近い温度の2枚のプラスティックシートを溶融させるために高度な技術が使われています。
  • 真空の中、高圧力で成形することによって外装と内装が同時に形成されます。
  • その後直ちに2枚のプラスティックシートは一つの完全な形になります。
  • この高度な生産工程により、外側の形状に影響を与えることなく、補強部分と取り付けシステムが内部で一体化することができます。
  • これらを通して、PACKLINEの最新モデルはネジなどの部品が見えないように製造することができます。
  • ツインシートテクノロジーは、最上級なねじれ剛性により無骨な曲線ではなく流麗なカーブをデザインすることができます。
  • PACKLINEルーフボックスは、万が一の衝突時に荷物が飛び出してこないように、ツインシートテクノロジーの“セーフノーズ”が装着されています。PACKLINEの“セーフノーズ”技術は前方に内装の底部と上部を覆い、ルーフボックスを閉じたときに重なる2つの補強材で構成されています。付加的なフックは、両方の補強材を互いにしっかりと接続して、ルーフボックスをしっかりと保持します。

You Tube:https://www.youtube.com/watch?v=r2U50WQvduo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする