河西祐史「ハイカーの話、トレイルの話」#03 アメリカのアウトフィッター(アウトドアショップ)

アメリカのアウトフィッター

ロングトレイルを歩くハイカーは、アウトドアギアを扱う店を「アウトフィッター」と呼ぶことを好みます。ただし、コレは一般的な用法ではありませんのでご注意を。あくまでハイカー同士の間で通じる呼び方です。

長期間アメリカをハイクすると、どうしてもギアの買い替えや新規購入が必要になることがあります。また、日本では手に入れづらいギアが安かったり、アメリカでしか見られない商品があったりもします。実地で試用する機会が豊富(というか毎日)な環境で、何も買わない手はない!全て日本で揃えてくるより、現地でいろいろ悩んでみるのも旅の醍醐味ではないでしょうか。

時代が時代なのでネット通販でほぼ事足りるのですが、基本的には実在の住所(宿などに頼む)とクレジットカードが必要になります。

ロサンゼルスのアドベンチャーシックスティーン

インターネット通販

Amazon.com

(https://www.amazon.com)

日本の楽天のような「インターネットモール」がないと言われてきたアメリカ。現在ではアマゾンが「アメリカ最大のインターネットモール」となっていて、アウトドアギアもいわゆるマスプロダクトならほぼ何でも買えます。自分はAmazon.co.jpのアカウントで使っていますが、できないことも多いようです。アメリカでアマゾンプライムに加入すると2days shipping が無料になりますが、Amazon.co.jpが配信するドラマや映画などはアメリカから見られません。プライム非加入でのfree shippingは5~8 business daysとなっており、週末をはさんで最低1週間はかかります。

Backcountry

(https://www.backcountry.com)

インターネットアウトドアギア専門店のバックカントリー。型落ちのギアはセール品となってすぐ在庫切れになってしまうので、最新のギアを定価で買うなら最適のサイトかも。もちろんシーズンごとにセールもやってます。50ドル以上購入で2days shippingが無料になるので、使い方によっては非常に便利です。

Moosejaw
(https://www.moosejaw.com/moosejaw/shop/home)

実店舗もあるらしいのですがほぼインターネット販売のムースジョー。日本の大型電器店のような「最安保証」をしていてハイカー仲間にファンも多かったのですが、最近ウォルマートに買収されてしまいました。今後どうなるか、ちょっと見守り中。

Sierra Trading Post

(https://www.sierratradingpost.com)

こちらも実店舗がありながら、どうもインターネットのほうが大きくなってしまったようなシエラトレーディングポスト。シーズンオフのギア/アパレルやモデルチェンジによる型落ち品を思い切ったセール価格で投げ売りすることがあり、掘り出し物が見つけやすいと評判です(あくまで自分の周辺の評価)。フェイスブックのアカウントを使ってアカウントを作れるので、他のネット店より日本人には使いやすいかも。

おまけ

B&H

(https://www.bhphotovideo.com)

カメラとビデオカメラおよびアクセサリの専門店だったはずが、画像映像に関わるモノならなんでも電器店になってきたB&H。中古品も扱っていて、よく見ると中古一眼カメラや中古レンズなんかは日本から送られてくるものが結構ある。自分はカメラで困ったら、アマゾンとココをチェックするようにしています。

大型アウトドアチェーン店

REI(Recreational Equipment, Inc.)

(https://www.rei.com)

アメリカ最大級と言われるアウトドアチェーン店、アール・イー・アイ。アメリカのロングトレイル経験者たちがしきりと言及するのでよく誤解されますが、REIは総合アウトドアショップであり、ハイカーのニーズを何でも満たしてくれる店ではありません。一般的なギアなら大体手に入るし、会員になると購入額の10パーセントキャッシュバックがあり、通販も使えるので便利、というだけ。

EMS(Eastern Mountain Sport)

(http://www.ems.com)

アメリカ東北部に展開するチェーン店、イーエムエス=イースタンマウンテンスポーツ。アパラチアントレイルをハイクするなら、思い切って都市に出れば実店舗に寄る機会があるかもしれません。オリジナルブランドのハイキングパンツが個人的にコスパが高くてお気に入りです。REIとは違うタイミングで型落ち品を値下げしたりします。Obozの靴など、ブランドによってはREIより充実していることも。

A16(Adveture16)

(https://www.adventure16.com)

カリフォルニアに展開するチェーン店、アドベンチャーシックスティーン。Western Mountaineeringの寝袋が大量に吊るし売りされていたりして、個人的には実店舗が断然楽しい(笑)。サンディエゴのREIはメトロの駅やバス停から遠いので、PCTの南端に自力でアクセスするならまずA16に寄ることをおすすめします。ロサンゼルスの店舗(サンタモニカに近い場所にある)もいい感じの店ですね。

MEC(Mountain Equipment Co-op)

(https://www.mec.ca/en/)

カナダのREIことメック。なぜアールイーアイのようにエムアイシーと呼ばれないのか、理由は誰も知りません。

今でも「組合員にならなければ買い物できない」システムを貫いてます。品揃えはREI同様に大型の総合アウトドアショップですが、REIが郊外に店舗を持つことが多いのに対して、MECはカナダのほとんどの大都市にバスか電車で行ける店舗を持っています。アメリカのカナダ寄りエリアはグリズリーの棲息域であることが多いので、アウトドアでカナダからアメリカに入国するならベアスプレーなどチェックする必要があります。出発前に実店舗に寄ることをおすすめします。

ハンティング・フィッシング&キャンピング大型チェーン

Cabela’s

(http://www.cabelas.com)

超大型の実店舗が有名なカベラス。ハイカーには想像もつかないようなハンティングギアがあって楽しいです。アパラチアントレイルから寄れる国内最大店があります。

Gander Mountain

(http://www.gandermountain.com/)

中古の銃コーナーが恐ろしく充実しているガンダーマウンテン。もちろん日本人には買えませんが。キャンピングギアもそれなりに揃えています。

Sportsman’s Warehouse

(http://www.sportsmanswarehouse.com/)

割と本格的なハイキングギアが揃っているスポーツマンズウエアハウス。チェーン店でありながらローカルに根ざしたハンティングとフィッシングの情報が充実していて、最近の釣り状況などはココで直接聞いてしまうのが簡単。

(まだ続きます 次ページへ)

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする