ロングトレイルで使用したレインジャケット Shelpa Adventure Gear ~ 河西 祐史のギアレビュー ~

2016年秋のTRT(タホ・リム・トレイル)ハイクで使用したレインジャケット。

CDT(コンチネンタル・ディバイド・トレイル)でも使用。

シェルパ(Shelpa Adventure Gear)はたぶん日本では売っていませんが、取り寄せで購入可能なようです。

We’re a small brand with a great big heart, and every authentic garment we make—for trekking, traveling and exploring the world—reflects our Himalayan h...

2013年にこのジャケットを購入したとき、ネパールに雇用を生むという近年ありがちなコンセプトにはそんなのホントに上手くいってるの~?と思ったものですが、地震が起きて以降はホンの少しでもいい方向に行ってくれと願うばかりです。

重量500g近いのでハイカーとしてはもっと軽い物を選びたくなるところですが、春秋は雪より始末の悪いみぞれでずぶ濡れってことがよくあるので、真夏以外はジャケットだけでも厚手にするよう心がけています。

素材は本体無記名(ホームページには素材名あり)のメンブレンで一応breathable。

それほど高性能な気はしません(笑)。

着て歩くと気温によっては汗のほうが問題になるので、厚手レインジャケットには必須の通風口(脇の下)がかなり大きめなことと、胸にウエストベルトと干渉しないポケットが二つあることがハイカーとしてはプラス。

もう一つ個人的には、フードが大きくハットの上からかぶれるというのが決定的で、寒めの季節はもうコイツが定番になっています。

TRT (タホ・リム・トレイル)

アメリカのカリフォルニア州とネバダ州にかかる、総延長165マイル(266km)のロングトレイル。

CDT(コンチネンタル・ディバイド・トレイル)

日本語に訳すと「大陸分水嶺トレイル」。

アメリカ三大トレイルのひとつで、メキシコ国境からカナダ国境まで大陸中央部のロッキー山脈沿いを走る総延長約4500kmのロングトレイル。

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする