環境を考えた「地球のための」トレキングシューズ 製造工程から地球環境に配慮された逸品

新元号 「令和」施工へ向けて、いよいよ騒がしくなってきたが、季節は天候も落ち着き、ハイカー達にとってGOODコンディションの日々が訪れる時期でもある。

そしてこのシーズンになると、ハイカー達にも馴染みのある特別な日も訪れる。そう、「EARTH DAY」だ。4月22日 に設定されたこのEARTH DAY。1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が4月22日を”地球の日”であると宣言した。民族・国籍・宗派は関係なく誰もが自分のできる方法で地球環境を守る意思表示をするという日。

そのEARTH DAYをコンセプトに考案されたのがこの「MOAB 2 EARTH DAY」。

しかし、ただのコラボモデルと侮ることなかれ。 MERRELモアブシリーズがベースとなっているので、お馴染みのGORE-TEX、強靭なアウトソールのビブラムソールも健在だ。

そして従来の機能性に加えて、デザイン面も注目したい。インソールにはアメリカ・シアトルのアーティスト兼アルピニストNIKKI FRUMKINがデザインを手掛けた幻想的で美しい山々が描かれている。自然との繋がりを表現、愛する自然を守りたいという願いが込められているそうだ。

その他、製作工程にも工夫が成されている。
「MOAB 2 EARTH DAY」はメレルのために特別な配合で作られたVibram社のEcodura アウトソールが用いられていて、シューズの大部分はリサイクル素材で構成されている。履口とシュータン部周りにはには、廃棄物から作られたリサイクルポリエステルを50%、インソールにはリサイクルEVAフォームを70%使用しているとのこと。
さらに、アッパーには今モデル専用に作られたISA社のレザーを採用、レザー製造工程において電力をLED電球で12W分、水使用量を通常より34リットル削減しているそうだ。

 

■製品概要

名称: MOAB 2 EARTH DAY(モアブ 2 アース デイ)
●カラー・サイズ:(写真左MENS・右WOMENS)
[MENS]Monks Robe・ 25.0~28.0, 29.0, 30,0cm
[WOMENS]Falcon ・ 22.5~25.0cm
●自店販売価格:15,500円+税
●販売開始日:2月中旬より順次販売開始

 

■コラボレーションアーティスト NIKKI FRUMKIN(ニッキー・フラムキン)

シアトルを拠点とするアーティスト兼アルピニストのNIKKI FRUMKINの作品は、アメリカ北西部の山々にて実際にハイキングやクライミングをしている中で描かれる。そのため彼女は登山をする際、沢山のスケッチブックをまるで帆のようにバックパックに縛りつけ、水彩絵の具と共に小さなメモ書きをポケットに入れながら、厳しい山々に挑む。今回のコラボレーション作品も彼女と自然との一体感や繋がりを感じさせると共に、インソールがまるで1枚のスケッチであるかのように、左右のデザインが異なるというポイントに注目だ。

■MERRELL(メレル)とは

世界160ヵ国で愛され続けるアメリカ発祥のアウトドアブランド。
1981年に、カスタムメイドのカウボーイブーツ職人ランディ・メレルが職人としての腕を試すため、ハイキングブーツを作ったことからMERRELLの歴史は始まった。MERRELLは創業から常にこれまでにない「新しさ」を追求し続け、ハイキングブーツやトレイルランニングシューズ、スポーツサンダルなど、アウトドアからライフスタイルまで、多彩にシューズを展開している。世界中のバックパッカーから定評のある「モアブ」シリーズや、1998年の登場以来累計販売1,700万足を超える「ジャングル モック」シリーズ、タウンユースからアウトドアシーンまで幅広い用途で人気の「カメレオン」シリーズはMERRELLの代表作だ。

MERRELL公式ウェブサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA