河西 祐史(かさい ゆうし)

トレイルネーム

Wonderer (ワンダラー)

プロフィール

1973年生まれ。2010年にアパラチアン・トレイルを歩いて以降、ハイクシーズンをアメリカで過ごすことを生活の中心にするようになる。ハイカーとしての自らの経験をもとに、トレイル文化やギアレビューなど、さまざまな情報をブログで発信する。

2010

アパラチアン・トレイル

約3,500km、スルー

2012

パシフィック・クレスト・トレイル

約3,700km(Campo~White Pass)

2013

パシフィック・クレスト・トレイル

約4,000km(Alternate-Alternate)

2014

パシフィック・クレスト・トレイル

約4,200km、スルー

L2H(Lowest to Highest)

約200km、スルー

2015

コンチネンタル・ディバイド・トレイル

約4,500km、スルー

2016

タホ・リム・トレイル

約270km、スルー

Q&A

Q1 トレイルを歩こうと思ったきっかけは?

長期間アウトドアを楽しむ大きなテーマを、何かやってみたいとずっと思っていました。ちょうど自分が「今なら行ける」と思ったときに現実的だったのがロングトレイルのハイキングでした。

Q2 トレイルを歩く上で、大切にしていること(ポリシー)は?

楽しむこと。謙虚であること。

Q3 トレイルを歩くことで得られたものとは?

自然は素晴らしい。歩くたびにもっと歩きたくなります。同時に家での生活、日本の暮らしの快適さにも気付かされます。トレイル体験のおかげで人生2倍楽しめる。

Q4 今後やってみたいこと、歩いてみたいコースは?

ロングトレイルならまずアメリカ。それからヨーロッパ、ニュージーランド。いずれ、カヤックでの長旅も。

リンク

hiketheworld
河西 祐史(かさい ゆうし) さんの関連記事です