齊藤正史(さいとう まさふみ)

トレイルネーム

MASA(マサ)

プロフィール

山形県上山市在住。ロングトレイルハイクの普及及び、NPO法人山形ロングトレイル理事としてロングトレイルを造る活動を続けている。2005年アパラチアントレイル以降、2013年までにアメリカ三大トレイルを踏破し、日本人2人目のトリプルクラウナーとなる。 

≪スルーハイク歴≫

2005        アパラチアン・トレイル        3500km踏破(U.S.A)

2012    パシフィック・クレスト・トレイル   4260km踏破 (U.S.A)

2013    コンチネンタル・ディバイド・トレイル 4300km踏破 (U.S.A)

2014-15 テアラロア              3000km踏破 (NZ)

2015    ジョンミューア・トレイル        340km踏破 (U.S.A)

2016    インターナショナル・アパラチアン・トレイル 1200km(U.S.A/CANADA)

Q&A

Q1 トレイルを歩こうと思ったきっかけは?

海外制作のアパラチアン・トレイルのドキュメンタリー番組。 

Q2 トレイルを歩く上で、大切にしていること(ポリシー)は?

プロの歩き屋として、行動や自然に対して誠実である事。 

Q3 トレイルを歩くことで得られたものとは?

多くの自然・動物そして人・ハイカーとの出会い。 

Q4 今後やってみたいこと、歩いてみたいコースは?

アメリカ連保政府が指定している、シーニックトレイルを中心に、世界中にあるトレイルを自分の足て歩き、自分の目で確かめたい。

リンク

ブログ

LongTrailHiker MASAのブログ

山形ロングトレイル

山形ロングトレイル 2012年 5月22日設立 「日本に繋がったトレイルを作る」作家でバックパッカーの故加藤則芳氏の想いを具現化する為に、個人の有志9人が集まり作られた法人です。 当初、どの様に進めたら良いかさえ判らず、手探りでトレイル作りの道を模索したました。 相澤代表の「出来る範囲で頑張ろう」を合言葉に地道に活
齊藤正史(さいとう まさふみ) さんの関連記事です