2017年春に新作を発売予定のドッペルギャンガーアウトドアのカマボコテント! 新作発売前にカマボコテントの2016年モデルの魅力を振り返る!

先行予約で注文が殺到し2016年モデルは売り切れになるなど話題のドッペルギャンガーアウトドアのカマボコテント!2017年モデルのカマボコテントを買うか迷ってる人に

2016年モデルの魅力を紹介!2017年モデルの購入の参考にしてみては?

カマボコテントは広いリビングを備えた2ルーム型トンネルテント。コンパクトなパッキングサイズながら、ファミリーからグループキャンプまで活躍!

リビング&寝室が一体型の2ルーム構造

通常の1ルームテントでは、テントは寝るためのスペースとして使用し、日射しや雨を避けるためのタープテントを別途設営する必要があります。しかし、かまぼこテントは2ルームのトンネルテント構造のため、1つテントを建てるだけで寝室もリビングも完成します。余った時間を料理や遊びに使うことができます。

大人10人がくつろげる程の広いリビング空間

約3×4.2mの広いリビング空間を持つ2ルーム型のトンネルテントです。4~5人家族であれば広々と使用することができ、2~3グループが集まって宴会キャンプをすることも可能です。

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様

スクリーンタープのようにリビング全面をメッシュにすることができるため、夏のキャンプでは涼しく過ごすことができ、蚊の侵入も防ぐことができます。逆に冬は、テント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカート付きのため、暖かく過ごすことができます。
※スカート付きのため全てのドアをクローズすると空気がテント内にこもりやすくなります。その場合、雨天時には結露が発生しやすいため、一部のドアは開けておくか定期的に換気を行ってください。

日本のキャンプサイトに合わせて設計されたサイズ

日本のキャンプ場に多い8×8m~10×10mの区画に合わせたテントサイズで設計しました。快適な内部空間を備えた2ルーム型のトンネルテントですが、最小で3.5×6.5m程度の幅があれば設営可能です。

迷わないシンプル設計

4本のスリーブにポールを入れてペグダウンするだけのシンプルなトンネルテント構造です。4本のポールは全て同じ長さなので、入れるスリーブを迷うこともありません。

立って歩ける天井高190cm

リビングスペースから寝室スペースまで、トンネル形状の頂点部は190cmの高さを確保しているため、ストレスなく移動することができます

日陰面積を広げるキャノピードア

ドア部分5ヶ所はポールを立ててタープスペースとして使用可能です。日陰の面積を広げることができます。

大型スクリーンタープ

インナーテントを取り外せば、全ての部分がフロア無しの大型スクリーンタープとして使用できます。コットなどを使用して就寝することも可能で

コンセント用ジッパー

2ルーム構造のインナーテント入り口には、電気カーペットや扇風機などを入れるためのコンセント用ジッパーが付いています。

防炎加工

テントの生地には防炎加工を施しています。キャンプ中のアクシデントで火花が付着しても燃えにくくなっています。

耐水圧2000mm

荒天時に備え、耐水圧2000mmの生地を採用しています。冬場の結露が起こりにくいように耐水圧を調整しています

引用: DOPPELGANGER OUTDOOR

 カマボコテント T5-460
日本ならではの気候やキャンプサイトの大きさに合わせて設計された、オールシーズン対応の2ルーム型トンネルテントです。コンパクトな収納サイズながら、大人10人がくつろげる程のリビングスペースを備えており、ファミリーキャンプからグループキャンプまで幅広く活躍します。

カマボコテント T5-460 設営動画

投稿者: ドッペルギャンガーアウトドア
https://www.youtube.com/watch?v=dGEoQxZ9igk

サイズの大きいカマボコテントの設営方法を動画でわかりやすく紹介!まずはキャリーバッグからアウターテントを取り出し地面に広げ、ポールを組み立てて、4ヶ所のスリーブに通します。通したらポールの両先端をポール用グロメットに差し込み、テント下部にペグを打ち込みテントを固定します。スリーブ部分に付いているロープとインナーテント底辺の奥2ヶ所をペグで固定します。インナーテントをアウターテントの内側にトグルで固定すれば完成!

引用: DOPPELGANGER OUTDOOR

 カマボコテント T5-460
日本ならではの気候やキャンプサイトの大きさに合わせて設計された、オールシーズン対応の2ルーム型トンネルテントです。コンパクトな収納サイズながら、大人10人がくつろげる程のリビングスペースを備えており、ファミリーキャンプからグループキャンプまで幅広く活躍します。

カマボコテント T5-460 防風テスト動画

投稿者: ドッペルギャンガーアウトドア
https://www.youtube.com/watch?v=xFaif0hOaSE

カマボコテントは台風レベルの風が来ても耐えられる構造になっています。

動画では台風並みの風速基準10等級(24.5~28.4m/s)の環境下でテストを行いクリアしています。シンプルなト ンネルテント構造ながら通常のオートキャンプに求められる耐風性を十分に備えています。

引用: DOPPELGANGER OUTDOOR

 カマボコテント T5-460
日本ならではの気候やキャンプサイトの大きさに合わせて設計された、オールシーズン対応の2ルーム型トンネルテントです。コンパクトな収納サイズながら、大人10人がくつろげる程のリビングスペースを備えており、ファミリーキャンプからグループキャンプまで幅広く活躍します。

高くて広々なカマボコテント!スタイルやアイデア次第で使い方は無限大!

設営はちょっと大変だけど機能や居住性は魅力的!

カマボコテントで自分流のキャンプを楽しんでみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする