トレイルでおススメのスマホとは?
~ 斉藤 正史 ~

■トレイルを歩く上でのスマホの条件

今や私たちの生活には欠かせないスマホ。

実はハイカーにとっても欠かせない物でもあります。

トレイルを歩く仕事を始めた当初、色々と悩みました。さて、何を持つべきか?

僕には以下の条件があります。

  1. スマホで記事も書くため、画面はあまり小さすぎない方がいい。 
  2. 起動が早い方がいい。 
  3. 風景を撮るのに写真が綺麗に映るほうがいい。 
  4. 風景を撮るのに動画性能が良い方がいい。 
  5. 過酷な環境で使用するので、タフな物がいい。 
  6. 防水性能がある 

そう考えると、何を一番に選んだら良いか悩みます。

さて・・・餅の事は、餅屋に。

そこで数年前、AUショップ山形東根店さんでスマホの相談をしました。

色々な機種の中から一番トレイルに適したスマホ。

その答えは『エクスぺリア』でした。

■ショップのおススメ、エクスペリアを使ってみると・・・

カメラの起動が早い、画面サイズが少し大きい、生活防水、動画性のも良い。

僕の希望を兼ね備えたエクスペリア。

早速、シリコンのカバーを装着し、ガラス系の画面保護を張って使用してみました。

2012年パシフィック・クレスト・トレイル(4260km踏破/米国)、

2013年コンチネンタル・ディバイド・トレイル(4300km踏破/米国)では

XPERIA acro HDを使用。

そして2014-15年 テアラロア(3000km踏破/ニュージーランド)、

2015ジョンミューア・トレイル(340km踏破/米国)、

2016年インターナショナル・アパラチアン・トレイル(1200km/米国・カナダ)

までは、XPERIA ZL2を使用しました。

勿論、XPERIA ZL2は今も現役で使用しています。

使用した感想ですが、

砂漠から高山エリア、湿度の高いエリア、ナルゲンのボトルが凍るほどの寒さの中で、

4年間使用して一度も不具合や故障がありません。

電子機器なのである程度丁寧に使用しているのですが、それでも驚くべき事実です。

(取り出し安いようにポケットに入れている程度ですが)

多くのハイカーが、割れたiPhoneをジップロックに入れて、

大切に保管している事を考えると、

私のような怠け者には向かないなとつくづく感じます。

またトレイルのレポートをリアルタイムでしている時は、

エクスペリアで記事を書いていました。

画面サイズの大きさは、記事をスムーズに書くためには必要と言えます。

そして、カメラ性能が良いのでサブカメラとして使用しています。

※私の書く記事に載せる写真の3割程度はこのエクスペリアの写真を利用していますし、

私がアップしている動画の9割がエクスペリアで撮影した動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=Ww4zqoKXm7U

【BE-PAL】ロングトレイルハイカー齊藤正史 テアラロアスタート 

■カメラだけじゃない!スマホアプリのススメ

近年、多くのトレイルデータがスマホで利用できるようになっています。

GPSアプリは、ある程度正確なのでコンチネンタル・ディバイド・トレイルのように、

ルートが消失しているトレイルでは、GPSで位置確認もします。

また、バックアップデータとして、PDFでルートの地図を入れてあるので、

紙に印刷した地図が濡れたり、紛失したり、郵便局留めで送った地図が届かなかった際に、

最後の手段として使っています。

(アメリカの郵便事情は日本より良くはありませんので・・・)

そうなると画面の大きさは重要になりますし、

処理速度などもポイントになってくるかもしれません。

欠点だった雨の日に誤作動する部分も、後継機種では改善されているようですし、

カメラの解像度も格段に上がっています。

そろそろ買い替え時期になった今、やはり僕が選ぶのはエクスペリアだと思います。

「・・・だから私は、エクスペリア(笑)」

CMになっているようで怖いのですが、これが私のトレイルで使用するスマホです。

SONYさんからご提供頂けたらいいのですが(笑)

この記事の作成者は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする