【山梨】自然界のエメラルドグリーンで五感を癒す旅(前編)

今年の6〜7月は長い長い梅雨でしたね。涼しくていいけども、ぐずぐずの天気予報に、計画が立てたれないこと、一ヶ月。ハイカーの皆さんもストレスが溜まってしまったのでは?

ついにチャンス到来

どこか行けるタイミングはないだろうか?日々天気予報が変わっていく中で、お、もしや?のタイミングがあったのが7月21日でした。降水確率40%ですが、ここのところ、いざ蓋を開けてみたら降ってないじゃないかということもあったため、レインウエア持参で出発してみました。それが大当たり!快晴だったのです。

フォロワーの皆さんのオススメに従って

行き先は、にちようガールズハイクのインスタグラムで「滝」をテーマに行き先を募集したところ、複数名の方よりご提案頂いた西沢渓谷!入り口からほんの少し歩いただけで、涼しい空気が感じられて水の音も聞こえてきましたよ。気持ちいい!

今回は植物が元気な時期だけあって、何か見つけられるかな〜と楽しみにしていたのですが、歩き始めて早々に珍しいものを発見してしまったのです。それがこちら。

お詳しい方は、ご存知かもしれませんね。こちらは銀竜草。別名、幽霊茸です。この時期にはよく見られるそうなのですが、私達は初めて見た植物に大興奮。

実は、この草の名前は、近くを歩いていた玄人ハイカーと思しきおじいさんが教えてくれたのです。よくドラマで山の中で死体がこの下に埋まっている設定になっていて、銀竜草を見つけたらこの下を掘れ!ということなんだそう。確かに、不気味な位に真っ白で半透明で、神秘的で綺麗ですがちょっと怖いですね…。

スリル溢れる二俣吊り橋

子供に限らず、揺れる橋を渡るとなると、ぴょんぴょん飛び跳ねたくなる人いませんか?飛んでる本人は揺れを感じませんから、ついついはしゃぎたくなってしまいます^^

二俣吊り橋の右手には、東沢から流れる滝があります。ここの水の音は爆音!しかしながら、自然を満喫している感じが刺激的で堪りません。橋を渡りきるのがもったいないな〜とさえ思ってしまいます。

この日は夏休み初日で沢山人がいるのかと思いきや。天気予報のせいか、こんな写真を撮影することも出来ました。先ほどの爆音とは一転、突然静寂な雰囲気。

さて、再び歩き始まるとこんな看板が。鶏冠山は、右手へ進むそうです。看板は可愛らしくて好奇心がくすぐられるのですが、後に調べたら2000メートル級の山だと分かりました。そんな人はいないと思いますが、この看板を見て「ちょっと行ってみるか〜」という気持ちで行ける山ではございませんので、ご注意を!

玄人レベルの感動ポイントとは

エメラルドグリーンの滝に辿り着く前に、もう一つ可愛らしい植物と出会いました。それが、こちらのイワタバコ。葉がタバコの葉に似ているためにそう名付けられたそうです。先ほど銀竜草について教えて下さったおじいさんとまたお会いして、おじいさんが感動していました。「今はほとんど咲いてないけど、この咲いているのを見れただけで満足だ!」と。

エメラルドグリーンとご対面

イワタバコを後にしてすぐ。目の前に、新緑ではない色が目に入ってきましたよ。これはもしかして…

これは、本当にエメラルドグリーンの滝でした。こんなに本当のエメラルドグリーンが見られるとは思っていませんでした。西沢渓谷の公式サイトにも写真がありますが、今日は曇り予報でしたし、きっとそんなに鮮やかではないでしょう!とあまり期待をしていなかったのですが、良い意味で期待を裏切られました。それに連日の雨でこの水量!

下の方に三重の滝の見晴台があり、下から滝を眺めつつ写真を取れるところがありました。しかし、かなり注意しないとコケてしまいそうな程の階段でした。気をつけたいところです。

自然のエメラルドグリーンを前にしばし呆然。この先には、まだまだ沢山の滝があるそうですが、こちらだけで満足してしまう位です。ここからは、足場もかなり滑りやすくなって行きます。後編では、本格的な沢歩きをレポート致しますので、ぜひご覧下さい。

(記事/トレイルワールド編集部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA