【神奈川】ロープウェイで登る箱根駒ヶ岳 関東屈指のパワースポットの見どころ5選

静岡県との県境にある神奈川県の箱根。箱根は都心からのアクセスがよく、しかも富士箱根伊豆国立公園内にあり、温泉や名所が多く昔から観光地として発展してきたところです。そんな箱根も大涌谷付近の活火山の活動により、現在その周辺の登山やハイキングは禁止されていますが、駒ヶ岳にはロープウェイで頂上まで登ることができます。ここでは、見所の多い箱根駒ケ岳周辺の魅力 5選をご紹介します。

 

  • 見どころ その1.ロープウェイで登る箱根駒ケ岳
  • 見どころ その2.駒ヶ岳の山頂からの展望
  • 見どころ その3.箱根元宮と箱根神社
  • 見どころ その4.芦ノ湖で楽しむ遊覧
  • 見どころ その5.箱根園水族館
  • 箱根駒ケ岳へのアクセス
  • まとめ

見どころ その1.ロープウェイで登る箱根駒ケ岳


駒ヶ岳は標高1327m。ロープウェイを利用して山頂までたどり着くことができます。ロープウェイは、芦ノ湖の箱根園港近くにある箱根園駅から出ており、山頂までは約7分。途中、ロープウェイから見える風景も格別です。駒ヶ岳ロープウェイは毎日9:00~16:30まで20分間隔で運行しています。料金は大人往復1,600円、片道1,000円。ペット犬も同伴できます。

 

見どころ その2.駒ヶ岳の山頂からの展望

駒ヶ岳の頂上には遊歩道がいくつか作られていて、外側の遊歩道を普通に歩くと50分くらいで見て廻れます。また山頂には展望台があり、そこに立つと芦ノ湖やはるか彼方に駿河湾が見下ろせます。ロープウェイの 駒ケ岳山頂駅周辺からは富士山 も一望できます。

 

見どころ その3.箱根元宮と箱根神社

駒ヶ岳の山頂にある「箱根元宮」は駒ヶ岳のふもとにある箱根神社の奥宮です。1964年に再建されたもので、天空のパワースポットとして訪れる人が多く、駒ケ岳の見所の一つになっています。宮の近くには縄を張った岩がありますが、これは馬降石と呼ばれ、白馬に乗った神が舞い降りて来た岩と伝えられ ています。

駒ヶ岳ロープウェイの下の駅箱根園駅から南東に1kmほど行った所には、天空の神社「箱根元宮」の本社に当たる「箱根神社」があります。その鳥居は湖の中に立っています。

本殿はそこから90段ほどある古い杉の木に囲まれた階段を登った所にあります。境内には九頭龍神社新宮もあり、箱根神社と併せて参拝するのが一般的です。

 

見どころ その4.芦ノ湖で楽しむ遊覧

駒ヶ岳ロープウェイの箱根園駅のすぐ近くには箱根園港があり、そこから遊覧船に乗り芦ノ湖のクルーズが楽しめます。クルーズには3種類のコース(冬には30分の周遊コースは運営しない)がありますが、芦ノ湖にある4つの港の全部を回われる70分周遊コースがおすすめです。このコースのチケットは「1日フリー乗船券」にもなっているので便利。料金は大人1,840円です。

芦ノ湖の遊覧船には海賊船もありますが、箱根園港から乗れる船は伊豆箱根鉄道グループが運営している「芦ノ湖遊覧船」のみです。海賊船は箱根園港には停泊しないので注意してください。ただ、その姿が独特なため、フォトの撮影に人気があります。

 

見どころ その5.箱根園水族館

箱根園港の船着き場のすぐ北側には山地としては珍しく水族館があります。水族館の名前は「箱根園水族館」、この水族館の呼び物は「バイカルアザラシショー」。ロシアのバイカル湖からやって来た世界でも珍しい淡水に住むアザラシが他では見られないような曲芸を披露してくれます。

箱根園水族館にはその他海水館と淡水館があり、ダイバーによる餌漬けなどを見ることができます。営業時間9:00~17:00。入場料大人1,500円。

 

駒ヶ岳へのアクセス

箱根の駒ヶ岳ロープウェイまでのアクセスは、JR小田原駅で下車(新宿駅から60~90分)し、小田原駅から伊豆箱根バスに乗り80分箱根駒ヶ岳ロープウェイの停留所で下車します。

 

まとめ

都心からもアクセスが簡単で見どころの多い箱根の駒ヶ岳。ロープウェイでも登れる山頂、そこからの絶景、パワースポットの箱根元宮と箱根神社、そして芦ノ湖の遊覧と、山地には珍しい水族館など、駒ヶ岳には訪れる人を魅了するスポットがいっぱいで1日があっと過ぎてしまいそうです。箱根駒ヶ岳での観光、今度の休暇にはぜひ計画してみてください。

文/Setsuko Truong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA