【神奈川】欲張りハイク・鎌倉で山も海も満喫する旅(前編)

今回は、鎌倉アルプスを歩こうと思って鎌倉駅にやってきました。ゴールデンウィークということもあり、駅は大混雑。

鎌倉アルプスと言っても、高尾山のようにいくつかルートがあるので、どのルートにしようか?前回は天覧山、前々回は大山、と比較的メジャーなハイクだったので、今回はあまりメジャーではないルートを探検してみたいと思っていました。

衣張山ハイキングコースをカスタマイズ

さて、鎌倉駅東口出て右手すぐ、バスで数分の「杉本観音」駅へ。杉本寺は鎌倉最古の寺と言われており、苔の階段が有名だそう。

ぎゅうぎゅう詰めのバスでしたが、ここで降りる人はまばらで、杉本寺を訪れていたのも、数組のみでした。これは、隠れ家スポットの予感。
入ってみると…、苔生した階段に日が当たり、新緑がキラキラと眩しい。こじんまりとしたお庭のようなスペースには、色とりどりの草花が。

それから更に上に登って、参拝、御朱印を貰います。普段は都会に生きる私達は、いつもと違う景色と空間を堪能。

人も少なくて、時間がゆっくり流れているようでしばらくボーッとしたい位、居心地が良かった杉本寺、これは再訪確定!

運命の分かれ道!?でも訪れる価値あり

次に訪れたのは、報国寺。一般的な衣張山ハイキングルートからは外れますが、竹林が見たいので行ってみることに。

こちらは、杉本寺をうって変わって外国人で大混雑。しかし、入ってみてすぐその理由が分かりました。
何故ならそこには、日本庭園が凝縮されていたのですから。苔や手入れが行き届いたお庭、桜やもみじ、そして池。

そこにプラスして圧巻の竹林と来れば、京都にも負けない満足感を得られるでしょう。コンパクトで歩き疲れる心配もありません。

更に、事前情報では混んでいて中々入れないという休耕庵。この日はまだ午前中だったためか、ほんの少しの待ち時間で入ることが出来ました!
目の前の竹林を眺めつながらの和風茶屋での本格的なお抹茶なんて、日本人でも中々体験出来ませんよね〜
ただし混雑のため、まるでラーメン屋にいるかのようなスピード感で、チャチャっと済ませて来ました!
次は雨の日にゆっくりしっぽりと過ごしてみたいな、と報国寺もまた再訪リストに追加です。

後編では、衣張山へ。なんとまさかの迷子になる事態。なぜ迷子になったのか、ぜひご覧下さい!

(記事/トレイルワールド編集部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA