【埼玉】気軽に自然を楽しむなら標高197mの天覧山へ! 地元「武蔵野うどん」で美味しい休日ハイク

今回は”ゆる”登山を極めるべく?! 女子2人で埼玉県飯能市にある標高197mの天覧山へ。

桜も開花し始めた3月末。この日はあいにくの曇り空で気温も10度を下回っていて寒い! そんなコンディションでも「休日を自然の中で楽しみたい!」ということで都心から近い天覧山へハイキングにでかけました。

 

電車とバスを乗り継ぎ、あっという間に天覧山の登山口へ

池袋から西武池袋線に乗って、50分ほどで飯能駅に到着。さらに登山口まではバスで4駅。10分弱とあっという間にスタート地点に到着です。軽くストレッチして、芽が出始めた植物を見ながら歩きます。

はじめはコンクリートの舗装された道ですが、急勾配を5-10分歩いて中腹に来ます。途中には様々な植物が花をつけて、春の訪れを感じさせてくれました。ここにはベンチやトイレ、はんのうマップがあり、自分の位置や周りに何があるかを確認出来ます。

山道を歩き始めると、すぐに緑に囲まれた別世界に。

インスタ映えするような大きな木、上の方でうねうねしていたのも面白い。

実は天覧山は20分で登れちゃうとの前情報があったので、「もう着いちゃうのかな?もう着いちゃうのかな?」と言いながら、貴重な山道を大切に登っていたのですが…、あっけなく山頂に出た雰囲気を察知して思わず2人で吹いちゃいました! 山道を歩いて10分弱の事です。

低山・天覧山の楽しみ方!

195mですが、登頂は登頂! この日は曇りだったので、写真だと中々絶景をお伝え出来ませんが、十分過ぎる程の見晴らしで、他にも2~3グループ登山されてる方々がいましたが、皆さん「195mでこの景色だったらいいね〜!」と唸っていました。私たちも全く同感です!

山頂にはいくつかベンチがあり、休憩したり、軽食を食べる事が出来ます。この時は、ちょうど桜が満開になりかけたタイミング(もちろん、狙ってきました)。ベンチのすぐ上が桜で凄く近いんです。

ハイキングをして絶景とお花見をしっぽり楽しむ、大人から子供まで楽しめる贅沢な休日の過ごし方かもしれません。

またこの天覧山は、入間のアウトレットと組み合わせて楽しむのも一つ、また近隣の多峯主山とダブル登頂も定番ルートのようです。

 

せっかくグルメ!「武蔵野うどん」に舌鼓

今回わたしたちはせっかくなのでご当地の美味しいグルメをいただくことに。天覧山から飯能駅までの帰り道で寄れる、老舗うどん屋さん「古久や」さんへ立ち寄りました。桜が咲いたとは言え、まだまだ寒かったので、実は朝からとっても楽しみにしていました。

昭和初期より美味しい武蔵野うどんを作り続けている『古久や』さんは、13:30を過ぎても10人程の行列! 20分程並んで店内へ。レトロが新鮮で素敵。肉つゆうどんの並とイカ天を注文します。

私達が並んだ時点で天ぷらはイカしかなかったし、私達が食べる頃にはイカ天さえも売り切れ。かき揚げ天を熱々で召し上がりたい方は、オープンと同時に訪れると確実です。

地元の常連さんが多い雰囲気でしたが、初見で大盛りのうどんを頼んだ方は予想外の量に苦しんでおりました。私達も並でも、かなーり食べきるのに体力消耗。大食いの方には大満足でしょう!

気軽に山歩きを楽しみ、絶景を堪能して、しゃべって、うどんをたらふく食べる。 都会暮らしでは体験できない、なかなか良い休日を過ごせたと感じました。ぜひ皆さんにもおススメしたいです!

 

ハイキング後記

先月の「埼玉・宝登山」に続いて今回も埼玉へ。まだハイキングを始めたばかりの女子2名での旅でした。今回は“低山でも自然が楽しめる場所“をテーマに、絶景だけでなくグルメにも注目。わざわざ行かないと食べれない(もちろんですが)人気の武蔵のうどん「古久や」さん、ステキな休日の思い出になりました。「山に登りたい!」という方には物足りないですが、小さい子もか弱い女子も気楽に登れるので、ぜひおススメです。そういえば、前回も“味噌ポテト”食べてたなぁ。

(記事/トレイルワールド編集部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA