【三重・滋賀】初心者でもいける! 2月・藤原岳で人生初の雪山トレッキング!

こんにちは!初めまして!
人生初めての登山が日帰り富士山で、登頂した喜びと達成感を覚えて登山が好きになりました。HIROMIです!
登山歴はまだまだ浅い初心者ですが自然大好き人間なので、これからたくさんのことをシェアしていこうと思います。

今回は日本の雪山!
藤原岳のトレッキングについてシェアします。

藤原岳とは?

三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境目に位置する標高1,140mの山で、花の百名山にも選定されています。春には綺麗な花が咲き、新緑、紅葉、冬には樹氷。いろいろな顔を見せる藤原岳は初心者から楽しめる人気の山です。

今回私が登ったのは2月初めの雪山シーズン。初めての雪山トレッキングだった私はドキドキワクワクでした。

 

雪山トレック・リポ!


登山道入り口のすぐ目の前に駐車場とトイレがあるのでここで準備を済ませます。
普段の装備に加えてレッグカバーも装着。雪山には必須のアイゼンもバッグパックに詰めていざ出陣!
藤原岳の主なコースは大貝戸コース(表道)、聖宝寺コース(裏道)の二つがありますが、今回は表道の大貝戸コースを登りました。
登山道の入り口はこの鳥居をくぐります。

最初は全然なかった雪も登り始めて少し経つと徐々に姿を現し始めました。
トレッキングシューズだけでは厳しくなってきたのでアイゼンをつけます。
初アイゼン!テンション上がるうううう!!
アイゼンで雪を踏み込む時のサクッサクッという音と感覚がなんともたまらなく気持ちいいです。

登り始めて1時間半ほど経った頃はもう一面雪です。
ここまでは斜面も緩やかで登りやすく、樹々の香りや鳥の鳴き声を聞きながら進んで行きます。
ハイシーズンではないので人も少なくて自然をたっぷり楽しめます。

7合目まで来ると少しずつ険しくなっていきます。
しかし初めての雪山でテンション上がってアドレナリンが出ているせいか、それさえも楽しくなっていました。どMなのでしょうか。笑

どんどん斜面も急になっていき、何十センチも積もっている雪の中を必死で歩きます。ラッセルというやつですね。雪がある分通常のトレッキングよりハードだとは予想していましたが、予想以上にハードでした。笑

しかしラッセルしているので体はポカポカ。さらに辺りを見渡せばそこには真っ白の世界が広がっており、太陽の日差しでキラキラ輝く雪景色にうっとりさせられます。
うっとりしながら息は上がってハアハア、ゼエゼエ言っているんですけどね。笑

登り始めて3時間程経つと景色は開けて遠くの山々まで見渡せます。
この時はあいにくの曇りでしたが絶景です。
思わず、うおおおおおおおおおお!!!!!!って叫びたくなる絶景です。

ここから少し進むと藤原山荘があり、山荘からさらに20分程度先の所に山頂があります。しかし吹雪いてきたので今回のゴールは山荘までということに!
山荘にはテーブルがいくつか並んでおり、ここで昼食にしました。
山でご飯を食べる時、「頑張って登った先のご飯はなんでこんなに美味しいの!」と毎回感動しながら食べている気がします。笑

ご飯を食べ終え、山荘裏に移動します。そこは小高い丘になっていて誰もいないだだっ広い場所です。そしてここで秘密兵器の登場、尻セード!!!

これはソリみたいなもので、お尻の下に敷いて斜面を滑っていくアイテムです。
これがめちゃめちゃ楽しくて、寒さを忘れて滑っては登り、滑っては登りを繰り返してずーっと遊んでいました。笑
でも気付いたことがあります。それは尻セードはお尻で滑るより、お腹で滑った方が楽しいということ。そしてなんなら尻セードより百均などに売っているレジャーシートの方がよく滑るということ。笑
この時実は猛スピードです。止まりません。楽しすぎます。

雪山アクティビティを思う存分楽しんだら下山です。
体力もたくさん使って疲れているはずなのに、それでも雪があるとはしゃいでしまいます。小学生みたいです。笑

麓に着く前にコーヒー休憩も挟みます。
トレッキングの何が好きかって、もちろん登頂した時の達成感も、山で食べるご飯もそうですが、自然の中で飲むアツアツのコーヒーの時間は大好きです。たまりません。笑

こうして無事下山!
藤原岳での人生初雪山登山楽しく歩けました。
今回は雪山だったので、次は春に来て花の百名山と呼ばれる藤原岳も見てみたいと感じました。
初心者にもちょうどいいコースで、トレッキングデビューしたい人、日帰りでさらっと登りたい人にはオススメの場所です。
是非来てみてはいかがでしょう!
冬なら尻セードもしくはレジャーシートも忘れずに!!!

 

執筆者プロフィール

オーストラリアとニュージーランドのワーキングホリデーを経て旅にハマり、世界放浪中のHiromiです! 大自然の中でのバン生活、キャンプやトレッキング、泳げないけどサーフィンしたり、新しい景色や文化、人との出会いに心踊らされます。ビビリで小心者の私ですが好奇心は旺盛で、楽しく生きることに日々奮闘中です。 お金はないけど旅と地球が好き。そんな貧乏バックパッカーの私を是非よろしくお願いします!!♡

Instagram

HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA