【長野】2月初旬 上高地スノーシューハイクを一泊二日でガイド 人も少なく落ち着いて歩けます 

2月初旬にお客様からのリクエストで、上高地にスノーシューハイクに行ってきました。

夏は観光客、登山者で賑わう上高地ですが、冬は釜トンネルが閉鎖されるため、人も少なく、落ち着いたハイキングが楽しめます。マイカーでのアクセスは、沢渡に車を停めて、タクシー(要予約)で釜トンネルまでの送迎をしてもらうのが一般的ですが、今回は中の湯温泉旅館に前泊、旅館のバスで釜トンネルまでの送迎をお願いしました。

2月初旬 上高地スノーシューハイク 1泊2日ガイド記

初日の移動で高山に寄って少し観光です。コンビニは早めに寄って下さい。丹生川のデイリーヤマザキが最後です。

古い街並み

中の湯温泉旅館に到着後は、夕飯までの時間を利用して、スノーシュー、ストックの使い方、手袋の注意点を説明した後は雪遊びです。

中の湯温泉旅館

ヒップソリ、スキーで童心に帰って遊びました。

スキーの練習

ソリ

ソリ②

 

2日目は宿のバスで釜トンネル入口まで送ってもらい、いよいよスタートです。次のトイレは大正池です。

釜トンネル入口

大賑わい

夏はバスやタクシーで通り過ぎるトンネルを歩くのは不思議な気分ですね。意外と長いです。

釜トンネルは長い

あとチョット

上高地トンネル 今年は明るいです

釜トンネル、上高地トンネルの二本の長いトンネルを抜けると銀世界です。前日からの降雪で、フカフカです。

大正池

大正池のトイレ

スキーは快適

スノーシューを装着してもらい、新雪を歩きます。登山ではワカンの方が使い勝手が良いことも;多いですが、平地を歩くとなると浮力が高く、歩きやすいスノーシューがいいですね。

梓川

梓川2

誰もいない観光センター、バスのりばを抜けてゴールは河童橋です。復路は河童橋を渡り、右岸を少し歩いて帰ります。

バス乗り場

バス乗り場2

観光センター

河童橋

サルの大群に遭遇 刺激しないでね

河童橋からの景色

対岸の団体様

 

〈装備、計画に関する注意点〉

手袋について

…外す時は雪の上に置かず、ポケットにしまう(手袋の中に雪が入るので)、防水の温かいアウターと薄いインナーの二枚重ねで使い、素手を晒さない。スノーシューの脱着等の細かい作業もなるべく分厚いアウターをつけたまま行いましょう。

靴について

…個人差もありますが、上高地なら防水のトレッキングシューズで大丈夫かと思います。スパッツを着用して靴の中に雪が入らないようにしましょう。

服装について

…雨具やスキーウェアなどの防水素材の服の下は、フリース等で体温調整できるといいです。ダウンは行動中は適しません。極端に温かい服装は汗冷えの元になるので避けましょう。

スノーシューについて

…事前に手袋をつけたまま付ける練習をしておく。ザックに取り付ける方法の確認も忘れずに。

 

アドバイス

冬は日没が早いです。早めの出発、到着でゆとりある計画を立てて下さい。冬季用
トイレの位置の確認、急な天候の変化に対応できる装備でお楽しみ下さい。

本格的な雪山登山と比べ、スノーシューハイクはお手軽なイメージがありますが
道迷いや低体温症といったリスクは夏山よりもずっと高いです。
安易にトレースを辿らず、現在地の確認を怠らないようにしましょう。不安な方はガイドを雇うか、ツアーに参加することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA