【埼玉・秩父】女性一人でも気軽に行ける!天空のポピー畑で日帰り旅行を楽しもう

「女性一人で大自然を見に行くのって危険じゃない?」
「山奥って遭難しそうで怖い…」
「でもちょっと自然の中でリフレッシュしたい!」

そんなときに気軽に行けるのが埼玉県皆野町にある真っ赤なお花畑です。
池袋から特急を乗り継ぎぐことおよそ2時間。
標高500メートルの敷地に現れるお花畑は、青空を背景にするとまさに天空にあるかのよう。
そんな絶景を女性一人でも気軽に楽しむことが出来るのでご紹介していきます。

真っ赤なお花の正体は約1,500株のシャレーポピーでした

秩父高原牧場内にあるポピー畑は標高500メートルに位置する高原に、約1,500株のシャレーポピーが咲きほこります。 地面一面を真っ赤に埋め尽くすのでまさに赤い絨毯のよう。
斜面に植えられているので、写真を撮っても他の観光客の方が写り込まずに撮れる!すごいです。

シャレーポピーとは何?

シャレーポピーとはケシ科の植物で別名虞美人草(グビジンソウ)。主に赤・白・ピンクの花を咲かせます。
花言葉は「心の平静」「慰め」「乙女らしさ」「感謝」「別れの悲しみ」「休息」。
ラインナップが女性に向けての言葉が多いですよね。

見ごろになるとポピーまつり開催!シャトルバスで参加しよう

平成30年は5月19日~6月8日まで開催されました。開催中の土日に限り、皆野駅からシャトルバスが運行しています。

シャトルバスをおすすめする理由は
・シャトルバスに無料で乗れるから
・駐車場に入れない車の渋滞に巻き込まれることが少ないから

です。
以下で詳しくご紹介しますね。

シャトルバスに無料で乗れるから

開催期間中の土日に限り、皆野駅から無料でシャトルバスに乗車できます。
無料なだけあり、乗車列は時間によっては長蛇の列になることがあるのですが、バスの本数はかなりあるので待てば乗れます。またお子さまからご年配の方まで幅広い層が乗るので女性一人でも安心です。

駐車場に入れない車の渋滞に巻き込まれることが少ないから

天空のポピーに向かう道での渋滞が、駐車場に入る車によるもので出来ています。
駐車場自体に限りがあるので、早朝を狙う以外で車での来場は天空のポピーを見る前に挫折して帰ってしまう人も多いそう。(公式のホームページでも渋滞情報が出るくらいです…)

シャトルバスに乗って来場すると、駐車場入り口とは違う道を通るので渋滞に巻き込まれて来場できないということはなく快適です。

実際に訪れてみたら絶景だった

シャトルバスから降りて入場してみると、そこからもう一面真っ赤な世界が見れました。
道の途中で記念撮影をしているグループがいたり、一眼レフで撮影をしている人がいたり、お花畑をお散歩している人がいたり。
私もカメラを持って色んな角度や場所で撮影してみましたが、人が写り込むことがほとんどなくて驚きました。
標高が高いせいか、少し肌寒さが残っていたので行くときには薄めの羽織ものがあると安心かもしれません。
真っ赤なポピーに空と山が背景に映る絵はとても東京近郊で気軽に行ける場所だとは思えないほど自然に満ちた景色でした。

まとめ:女性一人でも気軽に行ける天空のポピーを日帰り旅行で楽しもう

以上をまとめると、

・一面に広がるシャレーポピーのお花畑と空のコントラストが楽しめるから
・池袋から特急の乗り継ぎでアクセスが良いから
・シャトルバスに無料で乗れて渋滞に巻き込まれず安全に訪れることが出来るから

快適に安全にぜひ女性一人で日帰り絶景旅行に行ってみませんか?

 

文・写真/ 星野友美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA