【神奈川】 厳冬期、霧氷輝く丹沢主脈を日帰り縦走! 雪山デビューにもおすすめルート!

今回は、積雪期に丹沢山塊を縦走したときの記録を書いてみたいと思います!
雪山歩きをするにも「装備」、「技術」、「体力」と、ほんの少しの「Mな乙女心」が必要ですので、登山初心者の方には少し敷居が高い部分がありますよね。
今回歩いたルートには、山小屋がモリモリありますので、「雪山デビュー」を考えている方にお勧めしたい感じです。
そんな感じで、雪が多く苦しめられましたが、こんな1日になりました!

 

登った日  : 1月24日

歩いた距離 : 34.03km
最高点の標高: 1672.7m
最低点の標高: 217m
累積標高(上り): 2317m
累積標高(下り): 2283m

コースタイム
大倉バス停 6:00 →  8:22 塔ノ岳 8:24 → 9:10 丹沢山 9:16 →  10:54 蛭ヶ岳 11:04 →12:43 姫次 12:54 → 14:31 焼山 14:34 → 15:41 焼山登山口バス停 → 17:13 宮ケ瀬バス停

コース・標高差

今回は丹沢山塊を代表する縦走路の1つである、
丹沢主脈縦走路」を歩いてみたいと思います!

 

大倉バス停 6:00 →  8:22 塔ノ岳 8:24 → 9:10 丹沢山

登山基点である「大倉」から登り始めると、ご来光となりました。
今日は素晴らしい日になると、この時に確信致しました!

確信が現実になりそうな雪景色が待っておりました!

青空と霧氷のコラボレーションが素敵ですね~!
私のアオヒゲの色では、このコラボレーションには勝てませぬ(?)

霧氷がモッコリでした♡
厳冬期になると、丹沢山塊の南斜面には霧氷が出来やすいです。
下界で雨(雪)降った翌日に晴天が期待できると、
山頂付近で霧氷を見られる確率が上がると思います!

標高が上がるにつれて霧氷もパワーアップしてきました!
丹沢とは思えない雪景色でございます。

よっ!塔ノ岳!!
山頂は、20cmくらいの積雪でした。
塔ノ岳は、冬でも登山者が多いですからね~
早く登り始めるのが、静かな山歩きをする秘訣でございます!

塔ノ岳からの富士山の眺めです!
山頂付近に薄いモザイクが漂っていて邪魔ですが、
ここは日頃の妄想力で乗り切りたいものですよね(笑)

丹沢狭山方面に進むと、一気に積雪がモリモリになってきます。
この踏み後を作るのに、どれ位の人が歩いたのだろう?と、色々と妄想してしまいました。
きっと、可愛い山ガールも「ヒィーヒィー♪」あえぎながら歩いたのでしょうね♡
近くであえぎ声を聞きたかったな~(笑)

そんな感じで丹沢山でございます!
雪が多いと、登山者が少なくて良いですね~
無雪期は、人が多くて嫌になりますからね~・・・。

丹沢山の周辺も、霧氷の森になっておりました♡
いや~美しいです!
自然の芸術ですよね~。

(次のページへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA