【栃木県・群馬県】日光白根山 冬シーズンにとにかくおススメ、関東最高峰の雪山を満喫!

どもども!あじゅです(^^)

今回どんなコラムを書こうかなぁと悩んでいて、秋山と雪山の記事どっちが良いかを事前にインスタグラムでアンケートを取らせて貰いました。
結果、7割票で雪山
という事で、季節もすっかり雪山へとシフトしているし、今回は雪山に決定!
(アンケート機能気に入ったのでまた次回も活用しようと思います。笑)

今年の1月から始めた雪山登山。
その2ヶ月後、スキルアップも兼ねて行った日光白根山をご紹介します!。

日光白根山(にっこうしらねさん)は栃木県と群馬県の境界に位置する山で、日本百名山にも選定されています。
そして関東地方の最高峰で、標高は2,578mあります。
日光火山群のひとつで、最高峰の奥白根山を中心に前白根山、外山、五色山などの山体があります。

主な登山コースは、日光湯元温泉からのコース、丸沼高原スキー場からロープウェーで標高を稼げる初心者向けコース、菅沼コースの3つです。
今回は中級者向けの日光湯元温泉コースで登ります!

このコース、歩行距離が長いので他のコースに比べると人気は低いので、体力のある方や健脚な方にオススメです◎

3月5日(日)スタートは5時ちょっと前。
まずはスキー場のゲレンデを1時間程歩きます。
このゲレンデ歩きが地味にしんどいところ。笑

尾根の取り付き場所まで来たらちょうど空が明るくなってきました。
冬は空気が澄んでいて朝焼けも美しいです。
ここから急登なので、取り付き場所で12本爪アイゼンを装着します。

この急登がまぁなかなかしんどい!
なんせ冬は靴にアイゼンを装着して歩くだけで片足+2kgになるので、ね。
登りに関しては夏山ほど軽快な足運びは出来ないです(; 😉

急登を登り続けること1時間ちょっと、やっと尾根まで上りきりました!
ここで小休憩。いや~、疲れた。

朝日が降り注いで気持ちよい!疲れも軽減されますね◎

ここから1つ目のピーク、前白根山まで尾根道を歩いていきます。
前日までのトレースがあるので道に迷う事もありませんでした。

シュカブラがめっちゃキレイです◎

麓の方はうっすらと雲海が。遠くまでよく見えました。

前白根まではたまにアップダウンが出てくるものの、比較的フラットで歩きやすいです。
冬は木の枝のトラップがありますけどね。笑

さらに歩くこと1時間、ついに…

 

(次のページへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA