花粉が気になる方に、春先キャンプで役立つ花粉症対策グッズ

キャンプ

春も近くなってくるとキャンプシーズンが待ち遠しい方も多いのではないのでしょうか。そんな中、時期柄悩ましいのが花粉対策です。山の中は花粉がいっぱい。目や鼻がかゆくなってしまっては折角のキャンプも台無しです。本格的に花粉が飛ぶと、何も対策をとらずにキャンプへ行くのはちょっと心配ですよね。本記事では花粉症対策に有効なアイテムと、効果的な使い方も合わせていくつかご紹介させて頂きます。

ウェアで予防

マスク


引用:モンベルオンラインショップ

花粉症対策で一番重要なことが花粉を体に付着させない事です。その対策の最も基本的なものがマスクです。アウトドアブランドからも野外で使用することを想定したマスクが発売されています。一般的なマスクより通気性に優れており、高機能であることが特徴です。

トップス


引用:Amazon

花粉症状を出さないためには着るものの素材選びも重要です。ウールやフリースなどのもこもこした素材は花粉が付きやすく、花粉症状を引き起こす原因になってしまいます。衣類での対策には、つるつるして花粉が付着しずらい素材のナイロンやポリエステル製のウェアを着ることが有効です。また、袖口や襟元からの花粉の侵入を物理的に防ぐことも重要となってきます。袖口が絞れるタイプのものや、首元の布部分がしっかりと覆えるアウターを選ぶと良いでしょう。最近では花粉付着抑制機能の付いたマウンテンジャケットなども発売されています。

帽子


引用:Amazon

髪の毛にも花粉は付着します。キャンプの際は就寝前にお風呂に入って体に付いた花粉を落とすこともとても有効な手段です。ですがお風呂が近くに無いキャンプ場では、頭頂部から耳元まですっぽり覆えるアウトドアハットを被って、頭に花粉が付かないようにするのも1つの花粉対策の方法になります。帽子もトップスと同様、つるつるした物を選べば花粉が付きづらく落としやすいです。

グッズで予防

ウェアで物理的に花粉を取り込まないよう対策をとっても、体内に入ってしまう量はゼロではありません。鼻うがいは鼻をスッキリさせるだけではなく、鼻の中に入ってしまった花粉を取り除いてくれます。

引用:Amazon

また、顔や肌を露出しているところに吹きかけるだけで花粉を防いでくれるスプレーも販売されています。こうしたグッズを使った小まめなケアも、花粉症状をブロックするには大切な方法ですね。

花粉症シーズンのキャンプは対策を万全に

花粉のシーズンは2か月ほど続きます。せっかくキャンプをするには良い気候になりますから、花粉症状を気にしてキャンプに最適な時期に出かけないのは勿体無いです。予防できることは極力行って思い切り外に出かけたいですね。ぜひしっかりと対策をして、キャンプに出掛けてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA