親子で楽しむ海のトレイル
みちのく潮風トレイル ・八戸市ルート  (青森県)

適齢年齢小学低学年(6~7 歳)以上
所要時間約2 時間(片道:復路はJR を利用)
距離・標高約6 キロ(片道) 最高標高 約25m
おすすめの季節7 月ごろ
住所青森県八戸市大字鮫町
最寄駅JR 八戸線・鮫駅、種差海岸駅
トイレ・休憩所鮫駅、蕪島海水浴場、葦毛崎展望台、白浜海水浴場、深久保漁港、

種差海岸キャンプ場、種差海岸インフォメーションセンター、

種差海岸駅にあり

ホームページみちのく潮風トレイル公式ウェブサイト http://tohoku.env.go.jp/mct/

親子で楽しむ「海のトレイル」

青森県八戸市から福島県相馬市までの沿岸地域を南北につなぐ「みちのく潮風トレイル」。
美しい自然の風景や地域に根ざした暮らしや文化、地域の人々との交流を楽しむことがで
きる全長700 キロを超えるロングトレイルです。
※全線開通予定は平成30 年度。平成29 年3 月現在、約400 キロが区間開通しています。

みちのく潮風トレイル八戸市ルートは、海沿いのなだらかな遊歩道で親子トレッキングに
ぴったり! 今回のモデルコースではJR 八戸線の鮫駅から「ワンコインバス・うみねこ号」に乗って約10 分、「葦毛崎展望台前」がスタート地点です。
お天気の良い日には、キラキラと輝く太平洋を左手に眺めながらお花畑や鳴砂の浜を歩き、
木漏れ日が差す松並木を抜けると、水際までやわらかな緑に覆われた広大な天然芝生地へ
と到着します。
種差海岸インフォメーションセンターでは、お子さんも種差海岸の自然・文化を楽しく学べ
る解説展示、自然や人とふれあう体験プログラム、みちのく潮風トレイルなどの情報を提供
しています。休憩スペースの大きな窓から見える芝生地と海の風景は、まるで一枚の絵画の
よう。トレッキング後にぜひ立ち寄ってお休みください。
お帰りはJR 八戸線の種差海岸駅からの列車利用がおすすめです。
線路がトレイルとほぼ並行しているため、車窓から流れる風景を見て楽しかったトレッキ
ングを追体験することができ、思い出がさらに深くなること間違いなしです!

三陸復興国立公園に指定されている種差海岸。
その様々な魅力を五感でフルに感じながら、ぜひ親子でトレッキングをお楽しみください。

●番外編として、時間に余裕のある方にはJR 鮫駅から徒歩15 分の蕪島と八戸市水産科学
館マリエントへの寄り道をおすすめします。
蕪島は毎年2 月下旬~8 月上旬にかけてウミネコの繁殖を間近で見られる国内唯一の場所
です。3~4 万羽ともいわれるウミネコがミャアミャアと大きな声で鳴きながら空を飛び交
う姿は圧巻です。ウミネコのことをもっと知りたくなったら、蕪島近くのマリエントへ。魚
の水槽展示のほかに、ウミネコの生態を学べるコーナーもあります。
楽しくお勉強した後は、「ワンコインバス・うみねこ号」に乗って「葦毛崎展望台前」へ。

●スポット・見どころ写真

1)JR 八戸線 鮫駅

2)葦毛崎展望台。断崖の上に建てられた変わった形の展望台からは360 度のパノラマを楽
しむことができます。ここからトレッキングスタートです!

3)種差海岸は夏に「やませ」が吹く冷涼な気候のため、海辺でもニッコウキスゲをはじめとした高山植物を見ることができます。

4)大須賀海岸。砂浜をじょうずに歩いてキュッキュッと鳴かせてみましょう。

5)白岩。どうしてこの名前がついたのでしょうか?→ 答えは現地で!

6)なだらかに広がる種差天然芝生地。大人だって寝そべってみたくなります。

7)種差海岸インフォメーションセンター。トイレと無料休憩所があります。

8) 種差海岸ならではの料理やスイーツも楽しみの一つですね!
(左:磯ラーメン、右:たねさしサンデー)

9)番外編の蕪島。数えきれないほどのウミネコがいます。
(現在、神社建設中のため境内には入れません。)

10) ウミネコの親子(6 月ごろの様子)

みちのく潮風トレイルを歩く前には、必ずマップを取り寄せましょう。

(マップは無料です。郵送料のみご負担ください。)

お申し込み方法は公式ウェブサイトをご覧ください。

執筆者

板橋 真美

(みちのく潮風トレイル広報担当/環境省 東北地方環境事務所)

みちのく潮風トレイル公式ウェブサイト
東北海岸に沿ってつながるみちのく潮風トレイルの楽しみ方やコースの魅力を紹介しています。
みちのく潮風トレイルFacebookページ
みちのく潮風トレイル - 「いいね!」2,792件 · 131人が話題にしています - 青森県八戸市から福島県相馬市までの沿岸地域を南北につなぐロングトレイルです。このページでは、みちのく潮風トレイルの楽しみ方や魅力、最新情報をお届けします。
種差海岸インフォメーションセンター
八戸市ワンコインバス・うみねこ号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする