親子で日本の原風景を楽しもう!
大山千枚田コース【千葉・鴨川市】

適齢年齢小学校低学年~
所要時間2時間程度
距離・標高往復約5㎞程度 最高到達点150m
おすすめの季節オールシーズン
住所千葉県鴨川市平塚
最寄駅■バス

【鴨川駅発】日東バス「平塚本郷」行き

「平塚区民センター前」停留所下車。

【保田中央バス停発】日東バス「鴨川駅」行き

「平塚入口」停留所下車。

■自家用車

【国道410号より】長狭学園交差点を鋸南保田方面へ 7㎞

【館山自動車道より】鋸南保田ICより鴨川方面 14㎞

トイレ平塚区民センター、大山千枚田駐車場にあり
お問合せ(一社)鴨川市観光協会 Tel 04-7092-0086

かもがわナビ

大山千枚田 / かもがわナビ(かもナビ・かもなび) 鴨川のすべてを見る!探す!わかる! -Kamogawa Portal Site-

 コースの特徴、楽しみ方

嶺岡山系の急傾斜地に広がる大山千枚田は、日本の棚田百選にも選ばれる名勝です。

千枚田付近にも駐車場はありますが、麓から徒歩で千枚田を目指すのも一興。

千枚田までのルートも多数あり自由なアプローチが可能です。

どのルートも安心な舗装道です。傾斜地とあって平坦でない勾配のある道が続きます。

途中、名工「波の伊八」の彫刻が残る大山不動尊に立ち寄るのもおすすめ。

親子で日本の原風景をお楽しみください。

後世に残したい美しい棚田・大山千枚田

田植え前

収穫

大山千枚田は、鴨川の中山間に位置し房総半島のほぼ真ん中にあり、

東京から一番近い棚田として知られています。

平野の田んぼと違って耕地整理が遅れたことが、

この美しい棚田を現代に残すことになりました。

また大山千枚田は日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田です。

そのような場所では動植物も貴重なものが多く生息しています。

いま盛んにいわれている生物多様性の宝庫なのです。

さらに棚田は、多面的機能を持っていて、

これを守ることが洪水などの災害を防止したり、

貴重な生態系や環境の保全になります。

里山の美しい景観は、自然と共生して暮らしてきたそこに住む人々の

日々の生活における取り組みから維持されてきました。

棚田を渡る風を、空気を千枚田で感じてください。

雄大な自然のなかで共生する大切さを大山千枚田は教えてくれます。

アドバイス、注意点

舗装路ですが、傾斜のある道が続きます。

コース上で楽しめるスポット

■『古民家レストランごんべい』

2016年4月1日にオープン。

棚田で獲れたお米を使ったおにぎりやライスバーガーなど、美味しい食事や休憩が出来ます。

NPO法人 大山千枚田保存会 http://www.senmaida.com/

■『大山不動尊』

奈良時代に良弁僧正が開山したと伝承されている大山寺は、高蔵山の中腹にあり、

境内からは長狭平野から太平洋まで一望することができます。

江戸時代後期の享和2年(1802)に建てられた不動堂は、正面の「波の伊八」の竜と、

本尊を安置する厨子と一体で県の有形文化財に指定されています。

また、鎌倉時代後期の作と推定されている本尊の「木造不動明王像」も

県の指定有形文化財です。この本尊は非公開ですが、

毎年2月3日の節分会で開帳され一般公開されます。

他に、不動堂よりも古い年代の鐘楼、

文和2年(1353)造立の石造宝篋印塔が市の有形文化財に指定されています。

大山寺不動堂向拝 「竜二態・波・雲」 享和3年9月(1803)製作

コース周辺で楽しめるスポット

■『みんなみの里』

千枚田から車で10分ほどに場所にある総合交流ターミナル「みんなみの里」は、

嶺岡山のふもとに位置し、農産物や地場産品の販売をはじめ、

田植え・稲刈りなどの体験リゾートの紹介、

鴨川・南房総地域の情報発信など都市と農村の交流拠点です。

施設には、地場産品や伝統工芸品などを展示・販売している「交流館」や、

田植え・稲刈りやイチゴ狩り、陶芸などが体験できる「体験館」などがあります。

記事協力

鴨川市観光課

Tel 04-7093-7837

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする