信越トレイル セクション4 関田峠~鍋倉山(長野県・新潟県)

適齢年齢小学中・高学年(8~11歳)向け
所要時間約3時間(往復)
距離・標高約4キロ(往復) 最高標高1,288m

(鍋倉山山頂)

おすすめの季節春6月中旬~7月/秋9月~10月末
住所長野県飯山市・新潟県上越市
最寄駅北陸新幹線飯山駅もしくは上越妙高駅

(登山口までタクシー約45分)

JR飯山線戸狩野沢温泉駅

(登山口までタクシー約30分)

トイレ・休憩所登山口近くの茶屋池(長野県飯山市)、

登山口近くのビジターセンター・グリーンパル光原荘

(新潟県上越市)にあり

ホームページ信越トレイルオフィシャルサイト

http://www.s-trail.net

長野と新潟県境の里山を巡る全長80kmの「信越トレイル」  豊な自然と歴史・文化を感じる国内でも稀な本格的ロングディスタンスハイキングコースです

”はじめての信越トレイル”はここがおすすめ!

長野県と新潟県の県境をなす関田山脈のほぼ尾根上にある全長80キロのロングディスタンスハイキングトレイル「信越トレイル」。地域の人々が大切にしてきたブナの森や、そこに息づく動植物を観察しながらトレッキングを楽しめます。

全線は6つのセクションに分かれていますが、親子トレッキングにお薦めなのは、セクション4の一部・関田峠~鍋倉山の区間。美しいブナの森を歩く核心部ともいえるトレイルです。

雪解け後はオオイワカガミ、エゾアジサイなど夏まで次々と花が咲き誇り、6月中旬の黒倉小池ではモリアオガエルの産卵やクロサンショウウオの卵塊を観察することができます。また10月中下旬には黄色に色づいたブナの紅葉トンネル歩きを楽しめます。雨の日には最大で15センチにもなるヤマナメクジに出会えることも?

スタートの関田峠からは比較的なだらかなトレイルを行きます。後半、黒倉山~鍋倉山までは登りが続きますが、黒倉山山頂からは新潟県側の日本海や佐渡島、鍋倉山山頂からは長野県側の飯山盆地を望むことができ気分爽快!

信越トレイルは生物多様性の保全を基本とし、自然・文化を学び、伝えることを目的に整備され、今もなおボランティアの皆さんの手により整備されています。トレイルを親子で楽しく歩きながら、自然に触れて頂くことが私たちの願いです。

トレッキングの後は麓の宿泊施設で、温泉や地元の食材を沢山使った郷土料理をお楽しみください。またトレッキングシューズ・ポール・ザックなどは北陸新幹線・飯山駅1階「信越自然郷アクティビティーセンター」でレンタルすることもできます。

地図

見どころ / 観光スポット

1)トイレと休憩施設のある茶屋池はうす(長野県飯山市)

2)トイレと休憩施設のあるビジターセンター・グリーンパル光原荘(新潟県上越市)

3)綺麗なピンク色の花が咲くオオイワカガミ

4)黒倉小池ではモリアオガエルの産卵が見られます

5)秋は黄色く染まったブナのトンネルを歩きます

6)秋の茶屋池

7)落ち葉で秋のグラデーションを作ろう!

8)ヤマナメクジの交尾

9)鍋倉山山頂からの眺め

10)ボランティアの皆様によるトレイル整備

11)トレッキングの後は麓の温泉へ(いいやま湯滝温泉)

12)地元の食材を沢山使った郷土料理を食べよう!

13)ギアをレンタルすることができる信越自然郷アクティビティーセンター

■執筆者

高野 賢一

(NPO法人信越トレイルクラブ事務局長/ビジターセンターなべくら高原・森の家支配人)

なべくら高原・森の家:

森に囲まれたコテージの宿泊と里山のブナの森にあそぶ。信州の大自然を活用したトレッキングやスノーシュー、カヌーなどの自然体験イベント、里山の文化を体験するプログラムなど多数あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする