信越トレイル 70km

日本初のロングトレイル

全長 :80㎞
エリア:長野・新潟
ルート:斑尾山頂→赤池→涌井→仏ヶ峰登山口→関田峠→伏野峠→天水山

長野・新潟の県境に位置する、標高1,000m前後の関田(せきだ)山脈。そのほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイル。ブナ林に育まれた自然豊なこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠道が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれ、戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われている。ロングトレイルを日本に広めた、バックパッカーの加藤則芳さんがブレーンとして携わった日本初のロングトレイルで、数か所にテントサイトもあり、スルーハイク初心者がチャレンジしやすい環境が整っている。

◆問合わせ
NPO法人信越トレイルクラブ事務局
〒389-2601長野県飯山市照岡1571-15 なべくら高原・森の家内
TEL0269-69-2888 FAX0269-69-2288

公式サイト

長野と新潟県境の里山を巡る全長80kmの「信越トレイル」  豊な自然と歴史・文化を感じる国内でも稀な本格的ロングディスタンスハイキングコースです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする