ハイシーズン到来!家族や仲間と琵琶湖のワカサギすくいに挑戦しよう!

「ワカサギは網ですくえる」ということをご存知でしたか? 凍った湖の上で釣るイメージの強いワカサギ。それを砂浜を歩いて網一本ですくう。ちょっと想像しにくいかもしれませんが冬の琵琶湖なら、それができてしまいます。

今回はとても美味しいワカサギが簡単、手軽に手に入る「ワカサギすくい」についてご紹介します。

琵琶湖のワカサギすくい

琵琶湖の冬の風物詩とも呼べる「ワカサギすくい」。時期になると県内外から多くの人が押し寄せ岸辺にズラッと人が並ぶ程、人気があります。方法は至ってシンプルで、砂浜を歩いて見つけたワカサギをすくう。ただそれだけです。

日が暮れるとワカサギが岸から50cm程の距離まで寄ってきているため、ライトで照らしながらいとも簡単にすくうことができます。難しいことは一つもないので、初心者の方はもちろん、お子さん連れで挑戦することもできるおすすめのアクティビティです。

ワカサギすくいに最適な時期と時間帯

年明けの1~2月いっぱいが狙い目です。昼間はやや沖の方にいて、夜になると岸辺に集まってきます。昼間は琵琶湖周辺を観光して、日没とともにワカサギすくいにチャレンジ!なんてスケジュールもおすすめです。

網とライトがあればOK!

ワカサギすくいに必要なものは網とライトのみ。とてもお手軽に楽しめるアウトドアと言えます。砂浜を歩くことになるので、長靴があると汚れなくて済みます。また、非常に冷え込むため、防寒は怠らないようにしましょう。

ワカサギが集まる場所は?

琵琶湖は非常に大きな湖です。もちろん、そのすべてにワカサギがいるわけではないので、場所の目星は欲しいもの。そこで、ワカサギが多く集まる場所をご紹介します。

ワカサギすくいでは湖西側の北部がメインスポットとなります。広範囲に接岸するので、あまりシビアにならなくても大丈夫です。河川の近くに集まる習性があるため、琵琶湖に流れ込む河川の周辺を重点的に狙いましょう。

琵琶湖のワカサギは食べても格別に美味しい!

ワカサギすくいは単にすくって楽しいだけでは終わりません。この時期の琵琶湖のワカサギはお世辞抜きで本当に美味しいです。一般的なワカサギよりも大きく食べ応えは抜群。おまけに卵も持っていて、プチプチとした食感とともに美味しさが口いっぱいに広がります。クセや臭みもなく、天ぷらや唐揚げ、塩焼きなど、さまざまな調理法と相性がよいです。網ですくいながら「これは天ぷら、いや塩焼きかな」とついつい想像してしまいます。

まとめ

「簡単、お手軽、美味しい」そんな三拍子そろった琵琶湖のワカサギすくい。その垣根の低さから、年々挑戦する人も増え冬の寒さにも関わらず大賑わいを見せる程、人気が高まっています。「寒い!」と腰が重たい方も是非、一度足を運んでみてください。寒さを忘れてしまう程、熱中してしまうことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA