【アイテム】Colombia愛用者の僕が、2019年春・夏の気になるウエアとアイテムを紹介します(前編)

こんにちは、MASAです。このシーズンになると楽しみなのが、春・夏のアイテム。今回も、Colombiaさんから、2019年春・夏のウエアとアイテムが出たので早速ご紹介します。会社員時代からのColombia愛用者なので、ワクワクしながらいつも新製品の箱を開けます。

Colombiaさんでは、ウエアのカテゴリー分けが非常に見やすくなっており、登山、トレイル・ハイク、アウトドア・キャンプ・フェス、フィッシング、トレイルランニング、タウン、旅行、スノーの8ジャンルに加え、Colombia Black Labelがあります。

その中でも僕が最初に注目したのが、防水性と吸湿性に優れたOUTDRYの製品です。

 

アウトドライについて

OUTDRYファブリックは、メンブレーンに強度を持たせた素材になります。

通常、メンブレーンは、非常に強い撥水性があるのですが、素材自体に強度がありません。そんなことから、通常は表地として使用されることはなく、別の表地と圧着させて雨具などに使用されています。しかし表地の汚れなどによって、表地とメンブレン層の中間に水を保有すことが起こり、濡れたという感覚を感じることになります。

アウトドライは、このメンブレンに表地として使用できる強度を持たせた素材になります。圧着していないので、汚れや劣化などによって表面に水を含みません。撥水層そのものが表地になっているのです。これらの特性
を考えると、ウィンターシーズンに最も能力を発揮するとも言えます。水を保有しないことは、氷点下で凍らないことを意味し、足元や手先を守ることに繋がります。

アウトドライテクノロジーについて Colombia sportsWear Japan

 

防水・吸湿性に優れた、ターミナルアウトドライハイブリットビブ

今回まずご紹介したいのが、OUTDRYの製品「ターミナルアウトドライハイブリットビブ」です。

“濡れない・蒸れない”オムニテック技術とアウトドライ技術のコンビネーション。何がいいのって、アウトドライのパンツって今までは無かったのです。しかもビブはゆったりとした着心地ですし、しっかりと腰回りまで覆ってくれるので、激しい雨の時でも安心です。

僕は、釣りもするのでちょうどいいかもしれません。若干携帯性は良くないかもしれませんが、悪天候から身を守るのに最適ですし、手持ちのOUTDRYのジャケットと組み合わせると、雨対策はきっと完璧ですね! 僕はトレイルでも使ってみたいと思っています。

 

冷たい雨でも大丈夫! ベアリングクレストグローブ

OUTDRYのラインナップからもう一つご紹介したいのが、この「ベアリングクレストグローブ」。2018-19年秋・冬モデルでは、冬用のOUTDRYのグローブが登場し、そして前回の春夏では薄手のOUTDRYグローブがラインナップに加わっていました。

春先から秋口までの冷たい雨は嫌なもので、ハイカーならだれでもしっかり防水したいと思うはず!ColombiaさんのOUTDRYの素材は、包み込む用途に使用する場合、性能を一番発揮しやすいそうで、つまり靴とか手袋などのように、包み込むギアと非常に相性が良い(その性能はブーツで検証済みです)。春先、秋口の冷たい雨は、体温を低下させます。しっかりと防水したいので、僕はこの手袋を選びました。

 

その他、注目アイテムは?

2019年春・夏のアイテムでも、レインウエアなどたくさんのラインナップがあります。私も使用しているのですが、「アウトドライ・エクストリーム・エコ」というテクノロジーを用いたレインジャケットもあります。このレインジャケットは染料不使用生地を利用し、ファスナーなどの細部に至るまでリサイクル製品を使用しています。しかりと撥水するのにも関わらず、環境に配慮したラインナップもあるのが嬉しいですね !

他にも、

ナイオベウォレット

ヒューソンパークロングスリーブシャツ(右)、ボードマンピークロングスリーブシャツ(左)

などなど、注目のアウトドライ要チェックです! (VOL2に続く)

 

 

文・写真/斉藤正史


山形県上山市在住。ロングトレイルハイクの普及及び、NPO法人山形ロングトレイル理事としてロングトレイルを造る活動を続けている。2005年アパラチアントレイル以降、2013年までにアメリカ三大トレイルを踏破し、日本人2人目のトリプルクラウナーとなる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA