【アイテム】Colombia愛用者の僕が、2019年春・夏の気になるウエアとアイテムを紹介します(後編)

こんにちは、MASAです。このシーズンになると楽しみなのが、春・夏のアイテム。今回もColombiaさんから、2019年春・夏のウエアとアイテムが出たので早速ご紹介します。会社員時代からのColombia愛用者なので、ワクワクしながらいつも新製品の箱を開けます。

今回は、前回ご紹介したOUTDRY以外で私がセレクトしたおススメのアイテムをご紹介します。

 

ハイカーらしい機能的な長袖シャツ

シルバーリッジ2.0プラッド ロングスリーブシャツ

毎シーズン私が1枚必ず選ぶのが長袖シャツです。とてもハイカーらしい、機能的なウエアになります。特にコロンビアさんのシャツに多く使用されているのがロールアップタイプです。つまり、腕まくりをしたときに、まくった袖を紐のような生地おさえ、ボタンで固定するシャツです。長袖シャツは、1枚あれば、Tシャツでは肌寒い日の着用、日焼け対策、防虫対策にもなります。特に、アメリカではダニ対策が重要になります。アメリカ東部では、マダニによる「ライム病」発症の危険性もあります。コロンビアでは、シーズンによっても変わりますが、防虫の素材を使ったシャツ、紫外線防止のオムニシールド、軽い雨や汚れなら弾いてしまうオムニウィックなど、色々な素材があります。僕の大好きなシャツスタイル、おすすめです!

 

ボトムスもなかなかいい感じ

ドゥーディーロードショーツ

アフターマウンテンパンツ

リープザリワーズショーツ

※選んだのは、Collaboration with DOCTOR DENIM HONZAWA 本澤裕治のアイテムになります。

今シーズンも気になるアイテムが多く、ボトムスも中々いい感じです。左から、フィッシングラインのハーフパンツ、七分丈のパンツ、ハーフパンツです。今回フィッシングラインのハーフパンツをセレクトしたのは、ポケットの大きさです。結構色々な場面で使えそうです。また、七分丈のパンツは、歩き終えてリラックスしてはける柔らかい生地感覚と軽さが気に入り、今回試して見たいと思いました。とにかくウエアは発色が良い方が自然の中で目立ちます。自然界にない色が、ハンターからの誤射のリスクを軽減しますし、遭難時の発見も早くなります。こういった意味もあり、トレイルに行くときは比較的発色の良いものを僕は選びます。
一番右が今シーズントレイルで履きたいと思ったハーフパンツになります。コロンビアさんのハーフパンツは、他社のものより少し丈が短いので、バッチリハイカースタイルになります。だから動きやすくて◎です!

 

春先にちょうどいい、軽めのアウター!

(右)ライトクレストジャケット

(左)タイムトゥートレイルジャケット

また、春先は、気温差が大きく特に山域に行く際には、気温や天候に合わせてウエアをチョイスしないといけませんね。そんなことで、今回は軽めのアウターをセレクトしました。オムニテックによる2.5レイヤーの防水ジャケットは、急な雨や風に対応できます。何より軽く羽織れますのでこのシーズンは重宝します。よくあるのですが、Tシャツでは寒いけど、長袖が欲しい。そんなことも多いので、もう1枚セレクトしたのが、ストレッチの効いたいたアクティブに動けるパーカータイプのジャケットです。タイトシルエットなので、インナーとしても使えますし、着回しがきくので春先の寒さ対策にも使えますね!その他にも・・・

 

ダーウィンパインズショートスリーブTシャツ

アーバンハイクショートスリーブTシャツ

もっといろいろとご紹介したいところではありますが、今回はこの辺りで。気になる商品がありましたら、現時点で販売しているアイテムに関してはリンクを張っていますので、ぜひご覧くださいね!山やトレイルで使える高機能なのに、普段使いに街中でも着れるデザイン力! アウトドアの快適さを普段にも持ち込むなら、コロンビアさんのウエアがおすすめです!

 

文・写真/斉藤正史


山形県上山市在住。ロングトレイルハイクの普及及び、NPO法人山形ロングトレイル理事としてロングトレイルを造る活動を続けている。2005年アパラチアントレイル以降、2013年までにアメリカ三大トレイルを踏破し、日本人2人目のトリプルクラウナーとなる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA