【アイテム】2019-20秋冬アウトドア合同展示会で聞いてみた、おススメ商品はこれだ!「株式会社ビックウィング編」

2019年1月22日(火)、23日(水)に池袋のサンシャインシティワールドインポートマートビルにて開催された「2019-2020 秋冬アウトドア14社合同 展示受注会 」。

年に2回、春夏も開催されていますが、残念ながら新商品の情報などもありますので一般の方は入場できません。
関係者のみに限られています。僕は関係者枠の「その他」で参加させていただき、毎回トレイルを歩く時の道具選びの参考にしています。もちろん、お付き合いのあるメーカーさんも出展されていますので、新商品は必ずチェックしたり、最新の情報を入れておきたいところです。

基本的に、来シーズンのアイテムになりますのでおおむねNG商品が多いのですが、今回は僕が気になったメーカーさんで展示会内に展示してあるおススメの商品を聞いてきました!

「株式会社ビックウィング」

いわずと知れた「スタンレー」を始めとし、ツール・グッツなどを展開するアメリカのNITE IZE、寝袋や上着を中心に各国の軍隊に採用されているSnugpak、オリジナルブランドのasobitoでは、激しく使える防水の帆布で作るツールケースなど
も手掛ける。特に、高性能なソフトクーラーボックスの「AO colors」は個人的に注目です。

スタンレー クーラーボックス

見学のつもりで何気なく入ったのですが、スタンレーのクーラーボックスを発見してしまい、「紹介できますか?」と思わずお願いしてしまったのですが、快くOKを頂いたのでした。そんなこともあり、今回は僕のおススメになってしまいました。アメリカのアウトドア用品を扱うショップに行けば必ずと言っていいほどある、スタンレーのボトルですが、今回の展示会で始めてクーラーボックスを見つけました。

ご担当の山本さんの話ですと普通に売っているとのことでしたが、考えてみれば僕が行くアウトドアショップは、ハイキングギアを扱うショップばかりだったので見かけなかったのかもしれませんね。皆さんはご存知でしたか?
まず、目を引いたのはシンプルなデザインです。ロゴが強調されていないシンプルなデザインがパッと見て気に入りました。カタログ値での保冷能力は十分なスペックですし(容量によって差がありますのでご注意ください)まずかっこいいですよね。

ハードクーラーボックスならではですが、椅子としても使えますし、15.1Lと6.6Lモデルでは、取り外し可能なバンドがついていますので、例えば風の強い日に飛ばされてしまいそうな袋など挟めますね。他にもボトルを挟んだりとアイディア次第では色々使えそうですね。これ位の保冷能力があるなら、日帰り登山で車の中に入れておけば、自動販売機を探さなくても、車に着いてすぐ冷たいものが飲めますね!ひとり身の僕には、6.6Lかな?でも、キャンプで食材入れることを考えると15.1Lかな?悩みますね。

 

スタンレー

1913年、アメリカで生まれたサーマルウェアブランド “STANLEY”創業100年を越えたスタンレーの商品は孫の代まで使えるといわれ、今もなお、ユニークなデザインで世界中の人々に愛され続けています。

スタンレージャパン 公式サイト

 

文・写真/斉藤正史

山形県上山市在住。ロングトレイルハイクの普及及び、NPO法人山形ロングトレイル理事としてロングトレイルを造る活動を続けている。2005年アパラチアントレイル以降、2013年までにアメリカ三大トレイルを踏破し、日本人2人目のトリプルクラウナーとなる。

ブログ

山形ロングトレイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA