散歩やランニングをもっと楽しくする、関西のおすすめバードウォッチングスポット3選!

特集

冬場はバードウォッチングに適した季節ですが、交通の便がよくない場所だとあまり気乗りしない、という人もいるのではないでしょうか。今回はそんな人も足を運びやすい、交通の便が良く、手軽に楽しめるバードウォッチングスポットをご紹介します。冬ならではの美しい鳥が見られる場所もありますよ。

関西のおすすめバードウォッチングスポット3選!

出典:写真AC

関西のおすすめバードウォッチングスポットをご紹介します。電車やバスで足を運べるため、ライトアウトドアとしてもおすすめです。

大阪城公園

出典:写真AC

大阪の中心部に位置する「大阪城公園」は105.6haもある大きな公園で、交通の便が良い点も魅力の一つです。園内には売店やトイレもあるので気軽に散策することができます。都会にある公園ではあるものの、森や梅林、池と自然度の高さは侮れません

冬場はシロハラやジョウビタキ、ツグミ、カワラヒワ、ササゴイの他にも多くの野鳥が集まるため、密度が高く、初めてバードウォッチングに挑戦する人にもおすすめです。

桂坂野鳥遊園

出典:写真AC

京都府西京区に位置する桂坂野鳥遊園は野鳥を観察できる施設である「観鳥楼」と自分の足で散策できる「鳥と遊ぶ道」に分かれ、季節によりさまざまな野鳥を観察することができます。観鳥楼では双眼鏡や望遠鏡が配置してあり、山の木々や池、湿地に飛来する野鳥のバードウォッチングを楽しめます。

野鳥遊園の裏山に位置する鳥と遊ぶ道では、1時間ほどで周れるハイキングコースを歩きながら、野鳥観察が可能。展望所もあって、見晴らしも良好です。京都駅からバスで50分ほどなので、日帰りでも十分満喫できます。

ここではカワセミやメジロ、シジュウカラ、カモ類などさまざまな野鳥が飛来しますが、冬場は特に美しいオシドリを観察することもできます。

明石公園

出典:写真AC

兵庫県明石市、JR明石駅から徒歩5分の場所にある「明石公園」はバードウォッチングスポットとして有名です。交通の便が良いので、土日に限らず多くの人でにぎわいます。街中と言っても、森林や池、草原とさまざまな環境がそろっており、多くの野鳥を見ることができます。

冬の時期であっても、メジロやシロハラ、オジロビタキ、ユリカモメ、コブハクチョウの他、多種多用な野鳥が観察できるおすすめの場所です。

冬場こそバードウォッチング!

出典:写真AC

「バードウォッチング=山や湖」というイメージの人も少なくありませんが、鳥は意外と街中の公園にもやってきます。遠路はるばる家から離れた場所に行かなくてもできるバードウォッチングは、アウトドアへの最初の一歩としてもおすすめです。冬の合間の暖かい日にいかがですか?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA