【オーストラリア】ロングトレイル1,000km 斉藤正史のビバルマントラック レポート③

MASA 齊藤正史

西オーストラリア、まだ見ぬ手つかずの大自然が残るにある1,000kmのロングトレイル・ビバルマントラック(ビバルマン=先住民アボリジニの部族の名前)。日本人には馴染みの無い異国のトレイルを、プロハイカー・斉藤正史さんの旅行記でご紹介します。中間地点を過ぎて旅もいよいよ後半戦! 今回は斎藤さんから届いた3つの映像をご紹介します!

 

10月3日朝 シェルターに雨が・・・

久々に電波あり!
あまりの足首の痛みに耐えかねて、景色の良いシェルターに身をよせましたが、あいにくの雨。ビバルマントラックのシェルターはちょいちょい雨が入って来たりします(泣)泣きたくなります…

 

10月3日 今日はダメな日?

マジっすか、たき火でブーツが溶けるとは(泣)
もっと注意します(泣)

明日40キロ、歩けるかな?

 

10月4日、電波を探しに(笑)
うまく行けば明後日町です(^o^)

 

10月5日 マウントクレアのシェルターにて

シェルターにガスがあったので使ってみました(^O^)便利ですよね、ハイブリッド!

 

 

 

【次回のレポートに続きます】

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA