キャンプでも家でも使えるダッチオーブンのお手入れ方法

ダッチオーブン

ダッチオーブンを使った後のお手入れ方法を紹介

ダッチオーブンはアウトドアでも家庭でも本格的なアウトドア料理を作れるキャンパーにも料理好きからも支持される便利な調理器具です。

今回は、何かと便利なダッジオーブンのお手入れ方法を紹介していきます。

一般的なダッチオーブンは鉄でできているものが多く、お手入れをしないとすぐに錆びてしまったり、劣化してしまいます。

正しいお手入れをすることで、長く使うことができるので、ぜひ正しいお手入れ方法を覚えておきましょう。

ダッチオーブンを火にかけて汚れやコゲを炭化させる

ダッチオーブンを使うと少なからず汚れやコゲがついてしまいます。

ダッチオーブンに付いた汚れやコゲをまずは、炭化させましょう。

使用したダッチオーブンをガスコンロの火にかけることで、ついてしまった汚れやコゲを炭にすることができます。

炭化した汚れを亀の子タワシで落とす

炭化させた汚れを亀の子タワシをつかって取り除いていきましょう。

この際、ダッチオーブンにキズが入らないように注意しながら洗い流していきましょう。

キズが入ってしまうとそこから水分が入り込み、サビの原因となります。

コンロで再度火にかける

汚れを取り除いたら、再度ダッチオーブンを火にかけます。

火にかけることで、ダッチオーブンについた水分を完全に取り除くことができます。

ダッチオーブンにとって水分は大敵です。

水分が少しでも残っていると、そこから錆び付いてしまうので、洗い終わったら必ず火にかけて乾燥させましょう。

オリーブオイルを満遍なくダッチオーブン全体に塗り込む

水分が完全に蒸発したら、オリーブオイルをダッチオーブン全体に満遍なく塗り込みましょう。

オリーブオイルを塗り込む事で、大気中の水分からダッチオーブンを守る役割を果たしてくれます。

蓋や、取手に塗り込む事を忘れずに!

新聞紙で包んで専用のケースや箱にしまって保管する

最後にダッチオーブンを新聞紙で包み、専用のケースや箱にしまって保管しましょう。

新聞紙で包む事で、よりダッチオーブンを水分から守ることができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はダッチオーブンのお手入れ方法を紹介しました。

ダッチオーブンのほとんどは鋳鉄製です

鉄は、お手入れをしないとすぐに錆びてしまいます。

ダッチオーブンを長持ちさせたいなら、必ずここで紹介したお手入れ方法を使う度に行って下さい。

正しいお手入れ方法を理解して、ダッチオーブンライフを愉しみましょう!

ダッチオーブン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA