こんなものまで!身近なもので作れるアウトドアアイテムDIYレシピ5選

ソロでも仲間とでも、キャンプやレジャーに必須のアウトドアアイテム。
軽量でコンパクトに折りたた可能なものやユニークなデザインでおしゃれなものもいっぱいありますよね。
でもアウトドアアイテムって、結構いいお値段するんですよね…
そんなお悩みをお持ちのあなたに朗報です。

アウトドアで使えるモノは、DIYで作れてしまうんです。
今回は、安価に作れるアウトドアアイテムのご紹介です。

100均の折りたたみ椅子を組み合わせたミニテーブル

引用元:RoomClip mag「 折り畳み椅子と廃材で作る 「Go Outside Table」by RHplusさん 」

こちらは、折りたたみもできてコンパクトに収納できるミニテーブル。

なんと100円ショプの折りたたみ椅子に天板を取り付けただけの簡単DIYで手に入れることができます。

オイル塗装を施すことで、雰囲気も抜群!なにより材料費は数百円というんだから作りたくなりますね!

作り方はこちら

折り畳み椅子と廃材で作る 「Go Outside Table」by RHplusさん

焚き火で使えるトライポッド

引用元:あっちゃんの うちきゃん「超簡単DIY ~木製トライポッド~」

こちらは、トライポッドという3脚です。

焚き火でダッチオーブンを吊るしたり、ランタンなどを下げて使ったりと特にキャンプでは重宝するアイテム。

3本の丸棒に穴を空け、丈夫なロープを通せば立派なトライポッドの出来上がりです。

作り方はこちら

塩ビ管と板で組み立て式サイドテーブル

引用元: DIYer(s) 「 塩ビパイプラックをDIY!インダストリアル加工でリアルな質感に。 」

ホームセンターで手に入る塩ビ管とDIYではメジャーなSPF材を使った男前サイドテーブル。

安っぽくなりがちな塩ビ管をアンティーク風に塗装することで一気にオシャレ度もアップします。

使わないときは、バラしておけばスペースも取らず、トランクルームの場所も取りません。

作り方はこちら

塩ビパイプラックをDIY!インダストリアル加工でリアルな質感に。

100均カッティングボードを取っ手付きの収納ケースに

引用元:RoomClip「 Vintage – キッチン/YMD.designさん 」

100均のカッティングボード(まな板)2枚と木材でちょっとした工夫をすれば、このような取っ手付き収納ケースも簡単に作ることが出来ます。

中の仕切りやサイズも自由に変えられるのが、DIYの魅力。

アウトドア小物をこれにまとめておけば、スッキリと持ち運びできますね!

作り方はこちら

RoomClip Vintage – キッチン/YMD.designさん

どこでも持ち歩けるハンティングチェア

引用元:Re:CENO Mag「キャンバス×レザーで本格的に! ハンティングチェアーをDIY」

コンパクトに持ち運べるハンティングチェアも手作りで。

ボルトで連結させた丸棒に厚手の革や帆布を座面に取り付ければ、おしゃれなハンティングチェアが作れてしまうんです。

少し上級者向けですが、誰ともかぶらないオリジナルのアイテムが作れそうですね。

作り方はこちら

Re:CENO Mag「キャンバス×レザーで本格的に! ハンティングチェアーをDIY」

まとめ:ちょっとした手間を加えて、自作してみるのもオススメ

今回ご紹介したものは、ほんの一例で工夫次第で様々なアイテムを作ることが出来ます。

材料もホームセンターや100均で手に入るものも多いので、これを機にアウトドアギアを自作してみるのもいいかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA