【冬キャンプの必需品】コンパクトで持ち運びも便利!おすすめの焚き火台3選!

キャンプとは切っても切れない存在の焚き火台は、寒い冬~春先はもちろん、オールシーズンで重宝されるアイテムです。暖を取れるだけでなく、「焚き火に癒されたい」「調理で使いたい」という人も多く、需要は高まっています。

近年では目的や用途、人数に合わせて多種多様な焚き火台が販売されていますが、携行性を重視した小柄なタイプはソロキャンプやライトアウトドアにうってつけです。

ここでは、コンパクトで持ち運びにも便利なおすすめの焚き火台をご紹介します。

焚き火台とは

出展:写真AC

焚き火台はキャンプでは定番のアイテムで、効率よく焚き火をするための道具です。地面で直に焚き火をすると、空気が通りにくく、着火までに時間がかかり手間取ってしまうことも少なくありません。また、地面での焚き火を禁止する場所も存在します

焚き火台があればそのような場所でも焚き火が可能です。さらに、各所に空気穴が空いているので、効率よく火を起こすことができます。また、種類によっては調理に使うこともできるため、キャンプにはうってつけです。

おすすめの焚き火台3選!

出典:写真AC

コンパクトにまとまり、携行性に優れた焚き火台をご紹介します。日帰りで手軽に楽しみたい人やソロキャンプ にもおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME)ファイアグリル焚き火台

出典:Amazon

サイズ:使用時430×430×330mm

    収納時380×380×70mm

コンパクトながらもしっかりとした造りで、強度も十分な焚き火台です。組み立ても非常に簡単なので、キャンプで焚き火をしてみたい人にもおすすめです。

UCO(ユーコ)ミニフラットパックポータブル

出典:Amazon

サイズ:使用時340×254×285mm

    収納時375×270×35mm

収納性が抜群の焚き火台で、折りたたんだ状態であれば、厚さ35mmと場所も取りません。収納ケースと金網が付属しているため、持ち運びしやすく、調理に使うこともできます。

スノーピーク 焚火台 S

出典:Amazon

サイズ:使用時285×285×205mm

    収納時350×410×25mm

強度とデザイン性を兼ね備えた焚き火台です。グリルネットや金網など、オプションアイテムも充実しており、焚き火だけでなく調理として使っても性能は十分。M、Lサイズもラインナップされているため、人数や用途に合わせて幅広く対応できます。

焚き火を眺めながら充実したアウトドアを!

出典:写真AC

焚き火台はアウトドアに「温もり」と「癒し」だけでなく、「温かい食事」も提供してくれるアイテムです。日帰りで手軽に楽しみたい人やソロキャンプ、登山など、コンパクトな焚き火台が活きる場面は多岐にわたります。そのような人にも、今回ご紹介した焚き火台はどれも携行性抜群でおすすめです。寒い時期だからこそ、焚き火と一緒に暖かいアウトドアを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA