これさえあれば安心!冬の登山を満喫するために欠かせないアウトドアギア

山頂の気持ちのいい空気と澄み切った景色を楽しむなら、やっぱり冬の登山。

そんな最高のシチュエーションを味わうためには、しっかりとした登山アイテムの準備も必要不可欠ですよね。

今回は、「冬の登山」は外せないマストアイテムをご紹介!

きちんとした登山アイテムを選べば、寒さやケガのリスクも抑えられ、さらに快適な山歩きを実現してくれます。

1.防寒ウェア

アウターシェル

引用:Marmot

これが無くては、始まらないと言っても過言ではない「アウター」

冬の登山では、特に防雨・防雪・防風の3つの外的要因に

ハードシェルとも言ったりして、冬場の普段着としても親しまれています。

ミッドレイヤー

引用:GOLDWIN

こちらが、シャツやジャケット、フリースと言った「中間着」のこと。

防寒にも欠かせませんが、通気性が高く、動きやすいものを選ぶと冬の登山をさらに快適にしてくれます。

ベースレイヤー

引用:mont-bell

アンダーウェアとして、肌に直接触れる下着のこと。

選ぶ際のポイントは、肌触りはもちろん、登山中は汗をかくため身体を冷やすことないよう吸湿性など機能性もしっかりチェックしましょう。

2.雪山用登山靴

オールレザータイプ

引用:くろねこ人生旅行記

冬の登山靴を選ぶなら、防水性と保温性、そして靴自体のタフさが必須になります。

オールレザーの登山靴なら1度は、履いてみたいのが憧れの「ゴロー」

昔ながらの革製登山靴で、一人ひとりの足に合わせてオーダーメイドで調整できるのも魅力です。

コンビネーションタイプ

引用:KEEN

化学繊維とレザーを組み合わせた現在、最も主流の登山靴です。

通気性を考慮した素材を使いつつも、強度がほしい場所は皮革を用いるためコンビネーションタイプと呼ばれています。

オールレザーに比べ、リーズナブルなのも特徴。

各メーカー、バリエーションに富むラインナップを展開しているので、自分にあう特徴のモデルを選ぶといいでしょう。

3.アイゼン

引用:好日山荘Magazine

雪道で足を滑らせないよう、転倒防止のために登山靴に取り付ける金具が「アイゼン」というアイテム。

12本の爪が施されたものが、雪山などでは基本になっていて、踏み込んだ時にしっかり地面をつかめるようになっています。

爪の数が少なく、軽量化された「軽アイゼン」もあり、低山やハイキングコースでの備えとして携えておくと「もしも」の時に重宝します。

4.ピッケル

引用:好日山荘Magazine

足場の悪い雪道を歩くのには欠かせないピッケル。

トレッキングポール同様の使い方が基本で、転落防止にヘッド部分を雪面に突き刺す場合も。

「つるはし」のような形が特徴で、100g~200g台の軽量なものも増えています。

万が一の備えとして持っておくことをおすすめします。

まとめ:メンテナンスもしっかりと!

冬の登山を楽しむために欠かせないアイテムをご紹介させていただきました。

それからあわせて覚えておきたいのが、当日正しく使用できるように「適切なメンテナンス」がとても重要だということ。

メンテナンス不足による部品の破損や使用不可といった事態は、大きな事故につながる危険性もあります。

用具の準備はもちろん、いざという時に慌てない知識もきちんと身につけていたいものですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA