【アイテム】安心・安全な性能で選ぶ! 子どもに着させたい「レインウェア RAINCOAT」3選

子供と一緒にハイキングやトレッキングにトライしようとお考えの方は、まず子供のアウトドアウェアを揃える必要がありますよね。今回は、数あるアウトドアウェアの中から、レインウェアに注目して紹介していきたいと思います。

天気が良い日にハイキングやトレッキングに出かけたとしても、山の天気は急に変わってしまうこともよくあることです。そんな時のために、レインウェアはリュックに必ず入れておきたいマストアイテム。特に子どもの体のことを考えれば、しっかりとした性能のアイテム選びが大切ですよね(もちろん、見た目も可愛いものも!)。では、そんな子どもにおススメのレインウェアを今回は3つ紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.Columbia(コロンビア) Simpson Sanctuary Youth Rainsuit

最初に紹介するのは、アメリカのスポーツウェア製造会社のコロンビアの商品です。
上下セットで販売されているSimpson Sanctuary Youth Rainsuit(シンプソンサンクチュアリユースレインスーツ)は、全身を覆うことができる点が魅力でしょう。コロンビアが独自開発した防水透湿機能であるオムニテックを採用しているため、雨の侵入を防ぐだけではなく、蒸れを抑えてくれる機能も備わっています。

たくさん動く必要があるトレッキングの際でも、蒸れを防げるのは高ポイントです。
全ての縫い目に防水テープが張られているため、防水性も高くなっていますよ。
また、膝と肘部分にマチがついているため、動きやすくなっているのも特徴。
フードは取り外し可能なので、都合に合わせて付けたり外したりして使用してください。
持ち運びしやすいように、レインウェアをしまっておける専用のバッグもついているので、リュックの中にも忍ばせやすいのも嬉しいですね。。
サイズはXXS(110cm)~L(155cm)の取扱いがあります。

アマゾンで商品を見る

 

2.THE NORTH FACE(ザノースフェイス)のDotshot Jacket

ザノースフェイスも、コロンビア同様アメリカのメーカーで日本でも人気があるアウトドアメーカーです。登山用品にも力を入れているメーカーだけあり、キッズサイズのアウトドアウェアも豊富。その中から紹介するのが、Dotshot Jacket(ドットショット ジャケット)です。

Dotshot Jacketの特徴はなんといっても軽量な点。
体が小さいうえ、トレッキングで体力を使う子供たちにとって、軽いのは最大の魅力ではないでしょうか。さらに、ナイロン素材の肌面にメッシュ状の特殊コーティングをしているため、防水性にも透湿性にも優れています。ドライな肌触りで着心地が良いのも嬉しいポイント。縫い目を全てシームシーリング技術で施されているうえ、フロント部分はダブルフラップで雨を侵入させないようになっています。

サイズは110から150サイズまで展開されている商品。
カラーバリエーションも充実しているので、男の子でも女の子でも問題なく選ぶことができるでしょう。
ちなみに、Dotshot Jacketは上着だけの販売となっています。

アマゾンで商品を見る

3.mont bell(モンベル)のレイントレッカー

モンベルは、日本のアウトドア総合メーカーです。
トレッキングウェアをチェックするうえで、外すことのできないメーカーのひとつです。そんなモンベルからは、レイントレッカーを紹介します。

コロンビアのSimpson Sanctuary Youth Rainsuit同様、上下で販売されているレインウェアです。防水透湿性が優れた3レイヤーの生地を使用していることから、高機能でありながら、着心地が良い点が魅力でしょう。また安全性も考えられており、前面胸部分と背面に反射マーク、反射テープがつけれています。これなら天気が悪くなって周りが暗くなってしまったとしても、子供を見失うなんて心配が少なくなりますね。

カラーも3色あり、雨の日でもワクワクしてしまいそうな明るい色が販売されています。
サイズは100から160サイズ展開されています。

アマゾンで商品を見る

まとめ

人気のアウトドアメーカー3つのレインウェアを紹介しましたが、気になる商品はありましたでしょうか。技術が進化している今、どの製品も優れた防水透湿性が備わっています。またコロンビアは動きやすさ、ザノースフェイスは軽さ、モンベルは安全性が特徴でもありました。どの点を重視するかで、子供のレインウェアを選択してあげてくださいね。

文/池田みる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA