親子で歩きながら地理や歴史の勉強も 
青梅丘陵ハイキングコース(東京都)

 

写真:青梅市観光協会

コース青梅駅~青梅鉄道公園~矢倉台~辛垣城跡下~二俣尾駅
適齢年齢小学生(6歳~)向け
所要時間2時間50分 (片道)
最高標高雷電山の494m
おすすめの季節1月~12月 オールシーズン
住所東京都青梅市本町~勝沼~二俣尾
最寄駅JR青梅線青梅駅(新宿駅から青梅特快約 56分)
トイレ・休憩所コース沿道にあり
ホームページ青梅市観光協会 http://www.omekanko.gr.jp

小学生がしっかりハイキング体験、地理や歴史も勉強できる!

JR青梅線各駅や各バス停から複数の登山道が延びているため、

アクセスも良く初中級者向けとして人気の高い青梅丘陵ハイキングコース。

このコースは小学生が半日かけて(約3時間)、しっかりハイキング体験ができるため、

親子であるくのにおススメです。

ただし西半分はアップダウンが多く基礎体力も要るため、

初心者ではなく、ある程度歩きなれてきて挑戦心が芽生えた小学生からが良いでしょう。

東半分はJR青梅駅至近の永山公園と続いている緩やかな道で、

第一~第四まで休憩所やトイレも充実。

眼下に多摩川の流れや関東平野が一望でき、

地理や故郷の由来などで親子の会話も進みます。

道中のトイレ一か所は、第4休憩所を過ぎて(二俣尾方面に)

矢倉台休憩所の手前にあります。

矢倉台休憩所は、下界に青梅宿の風景も眺められます。

また辛垣城跡は、

鎌倉時代より西武蔵(青梅市)付近を治めていた三田氏(関東の豪族)の築かれた山城跡。

親子で歩きながら郷土の歴史の勉強にもつながります。

コースのアドバイス

沿道に途中トイレが1か所(第4休憩所付近)なので、

青梅駅出発時に必ず確かめて済ましましょう。

子供が楽しめるスポット

コース途中に青梅鉄道公園もあります。1時間程の寄り道も趣があります。

コース周辺の子供と楽しめるスポット

食事・休憩・温泉(日帰り)::おくたま路、かんぽの宿、河辺温泉「梅の湯」

執筆者

青梅市観光協会 事務局長 水村和朗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする